grape [グレイプ]

大相撲で解説をした吉田沙保里 プロならではの鋭い指摘に「すげえ」「マジか」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年1月に現役引退を発表し、現在はタレント活動やレスリングの指導など、幅広い分野で活躍をしている、女子レスリングの吉田沙保里さん。

オリンピックで3連覇を果たした吉田さんに敬意を表し、世間からは『霊長類最強女子』『レジェンド』と呼ばれています。

吉田沙保里が大相撲の解説で発した言葉に「さすが」の声

2019年7月14日、吉田さんが大相撲名古屋場所中継(NHK)にゲストで出演。

大関・高安と関脇・玉鷲の取組の際、決まり手で押し倒された高安が左腕を押さえる仕草をしました。

その瞬間、吉田さんは即座に「なんか痛めましたかね」とコメント。

続いて、押し倒しが決まった瞬間をスローモーションでリプレイ映像で見た吉田さんは、このように述べました。

一瞬、手を抜いた瞬間があったような気がするんですけど、そこの時にひねったのかなあ。

ここで…ここでちょっとヒジが入ったのかなあ…あっ、これですね。入ってますね。

NHKスポーツオンライン ーより引用

いま多分、アドレナリンが出たりとかしてるんで。そんなに…痛いのは痛いんでしょうけど。段々、痛みが出てきますもんね。

すぐに冷やしたりして、治療したほうがいいかもしれないですね。でもやっぱ。体重が重たいぶん、かかる圧力がすごい大きいので。

NHKスポーツオンライン ーより引用

さすがはレスリングの世界で3連覇を果たした選手です。吉田さんはケガをした瞬間をすぐに理解し、ケガの原因や対処法についてコメントしました。

その後も「一瞬、力が緩む瞬間っていうのはどうしようもないので」と、自身の経験を元に解説をした吉田さん。

中継を見ていた人からは「さすが!」という声が相次ぎ、吉田さんの実況はネットでまたたく間に話題になりました。

・中継を見ていたけど、恐ろしく素早い見極めだった。さすがはプロの格闘家!

・吉田さんのコメントが明確な上に的確で、強いだけじゃなく頭のいい人だと思った…。

・カッコよすぎる。リプレイ映像を見る前にケガした場所を理解してた。

・格闘家ならではのコメントにシビれた。ほかのスポーツの解説もしてほしい。

これまでの経験で培われた観察眼や知識を活かし、吉田さんは多くの人を驚かせました。

自身がリングで戦わずとも、強く輝いているのを感じます!


[文・構成/grape編集部]

出典
NHKスポーツオンライン

Share Tweet LINE コメント

page
top