grape [グレイプ] entertainment

一時は危篤になるほどの状況に GACKT、病気で活動無期限休止を発表

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

歌手のGACKTさんが、重度の発声障害で活動を無期限休止することを2021年9月7日に発表しました。

所属事務所によると、GACKTさんは同年8月に海外から帰国した後、体調不良を訴えたといいます。

体調が急変し一時は危篤状態になるも、現在は容体が安定。しかし、今後の仕事の継続が困難な状態であるため、治療に専念するとのことです。

GACKTさんの活動休止を受け、同年8月に発表された主演映画『翔んで埼玉』の続編は撮影中断となっています。

関係者はGACKTについて「今は話すのも大変で、完治の時期も不明。新型コロナウイルス感染症ではないと聞いている」と話している。

7月には国内で公演を開催したが、8月14日から生配信チャンネルを体調不良で中止していた。

また、活動休止を受け、二階堂ふみ(26)とのダブル主演映画「翔んで埼玉Ⅱ(仮)」の撮影は中断。配給の東映によると、撮影は8月末に始まり、GACKTは今月上旬から参加するはずだった。

現状は予定通り来年公開としており、「製作の中止は考えておりません。早い回復と活動再開を心より願っております」とコメントした。

サンケイスポーツ ーより引用

今回、幼少期からの神経系疾患がきっかけで体重が10kg落ちるほど、GACKTさんは危険な状態にあったといいます。

幸い体調は回復したものの、重度の発声障害も発症してしまい、今後は主治医のいる海外に戻って精密検査を行うとのことです。

活動休止の報を受け、ネットからは「繊細そうな人だから心配です」「ゆっくり休んでください」といった気遣う声が上がっています。

音楽活動だけでなく、バラエティ番組『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)での活躍も人気を博していたGACKTさん。回復し、再び元気な姿を見せてほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top