grape [グレイプ] lifestyle

ワークマンのダウンは洗える! 『パーカー』『パンツ』『ベスト』タイプも

By - ドルフィン  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ワークマンは、過酷な環境でも耐えられる作業着を中心に、機能的な商品を販売している大手メーカー。品質の高さはそのままに、カジュアルな商品も展開しています。

中でも、寒い日にぴったりのダウンが「素晴らしい」という声を耳にしたので、店舗へ探しに行きました。

税込み3900円で、しかも自宅で洗えるダウンを発見!

実際に着てみると、保温性の高さに驚きました。防寒用のアウターとして、十分な機能があるでしょう。

ワークマンのダウンの体験レビューと、ワークマンで取り扱っているダウンの商品をまとめたので、気になる人はチェックしてくださいね。

※この情報は、2022年1月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ワークマンのダウン 『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン フーディー』の基本情報

ワークマンの店舗で購入したダウンは、『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン フーディー(以下:フュージョンダウン フーディー)』です。

※写真の商品はカーキグリーン

『フュージョンダウン フーディー』の基本情報

・素材:ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル、ダウン、フェザー、アクリル

・サイズ:S、M、L、LL、3L、4L(ブラックのみ)

・色:ブラック、トープブラウン、カーディナルレッド、マスタードイエロー、カーキグリーン、アーバンネイビー

・価格:3900円(税込)

『フュージョンダウン フーディー』の特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・動きやすいストレッチ素材を採用。

・冷気の侵入を防ぐ二重リブ袖になっている。

・自宅で洗濯ができる。

『フュージョンダウン フーディー』は、機能性とデザイン性を追求した、ワークマンの独自ブランド『FieldCore』シリーズの商品。リーズナブルな価格にも、定評がありますよ。

サイズはSから4Lまでの6種類で、155~185cmまで対応しています。カラー展開は6色と、ダウンの中ではバリエーションが豊富でしょう。

ダウンの吹き出しや空気抜けを防止するだけでなく、小さい穴なら自然に修復する『REPAIR-TECH』を始め、一般的なアルミプリントの、約1.5倍の保温力があるブラックアルミなど、充実した機能が備わっています。

『フュージョンダウン フーディー』のダウンは、発熱わたが配合された特別な『FUSION DOWN』を採用。ダウンの弱点だった洗濯にも強く、マルチに活躍するアウターでしょう。

『フュージョンダウン フーディー』を着てみた

『フュージョンダウン フーディー』は、ストレッチ素材を使用しています。腕を大きく回したり、前後に身体を曲げてみたり、動いてみても窮屈に感じませんでした。

172cmの筆者はMサイズを着用しましたが、よほどの厚着をしない限り、問題なさそうです。

首元部分にフードを絞れるゴムが付いているので、風でまくり上がりそうな時に、活用できるでしょう。

フード用の絞りゴム

『フュージョンダウン フーディー』を着ていると、身体がぽかぽかしたり、冷気の侵入を感じなかったり、防寒性能の高さに驚きました。

筆者の体感ではあるものの、タウンユースやちょっとしたアウトドアなら、防寒着としてよさそうです。

『フュージョンダウン フーディー』を洗ってみた

『フュージョンダウン フーディー』は、洗濯に強いという特徴があります。クリーニングに出すことなく、自宅で洗えるのは嬉しいですね。

商品に付いている、洗濯表示のタグを確認してみました。

洗濯表示

洗濯表示の意味

・液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。

・塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止。

・低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60℃)。

・日陰のつり干しがよい。

・アイロン仕上げ禁止。

・ドライクリーニング禁止。

・弱い操作によるウエットクリーニングができる ※クリーニング店の仕上げ方法。

シンプルに考えると、「優しく水洗いをして、日陰に干してください」ということでしょう。

洗濯機のコースを調整して、『フュージョンダウン フーディー』を洗いました。洗濯の際は、ファスナーやボタンは閉じているか、確認してくださいね。

洗濯が終わり、取り出した『フュージョンダウン フーディー』がこちら。

ダウンが濡れて、ぺったんこになるかと思いましたが、想像よりシャキっとしています。撥水加工がされているので、表面に付いている水分が弾かれていますね。

日陰に干して、様子を見ましょう。

干してから15時間ほどで、『フュージョンダウン フーディー』は乾きました。二重構造になっている袖口は乾きにくいですが、ほかに気になった箇所はありません。

乾いた『フュージョンダウン フーディー』を、2~3回ほどバサバサと振ると、ダウンらしい、ふっくらしたシルエットに戻ります。着心地や暖かさは、洗濯前と変わりませんでした。

使用方法や経過とともに、耐久性は落ちてしまいますが、『フュージョンダウン フーディー』は、自宅で洗えるダウンでしょう。

『フュージョンダウン フーディー』を調べてみた

『フュージョンダウン フーディー』を、隅から隅まで調べてみました。

実際に触って確認したのは、次の4つの項目です。

・自己修復する『REPAIR-TECH』

・撥水性能

・収納ポケット

・裏地の作り

ダウンとしての防寒性能は当然ながら、耐久性があるので、長く使い続けることができるでしょう。手ぶらでも困らないほどの、収納スペースにも驚きました。

品質に定評がある、ワークマンの実力を見ていきましょう。

自己修復する『REPAIR-TECH』

ダウンの吹き出しや、空気抜けを防止するだけでなく、針の突き刺し穴を自己修復する『REPAIR-TECH』。

針の太さは約0.9Φ(0.9mmほど)まで対応しているそうですが、本当に穴がふさがるのかは、試してみないと分かりません。

『フュージョンダウン フーディー』に、約0.5mmの針で穴を開けると…。

針を抜いてから数秒ほどで、穴が埋まりました。自己修復機能があるのは、間違いなさそうです。

木の枝や金網に引っかかり、ダウンがダメになるということは、少なくなるでしょう。ただ、場合によっては穴がふさがらないこともあるので注意しましょう。

撥水性能

『フュージョンダウン フーディー』に防水性能はありませんが、雨や泥が付着しにくくなる、撥水コーティングがされています。

ボトルに入れた水を、『フュージョンダウン フーディー』にかけてみました。

表面に水が留まらず、流れ落ちています。水分は玉状になって、弾かれていました。

多少の雨ならば、気にならないかもしれません。

収納ポケット

フロントの胸部分に2個、サイドに2個、内側に1個で、計5個の収納ポケットがありました。

フロントにある胸部分のポケットは、スマートフォンやキーケースといった小物から、500㎖のペットボトルが1本、入るくらいのスペースがあります。

胸部分のポケット

サイドのポケットは、胸部分より小さめですが、小物入れには十分すぎるほど。

サイドのポケット

内側の左下にあるポケットは、大型の深い作りになっていて、500㎖のペットボトルなら2本は入りました。

内側のポケット

荷物が少ない人ならば、手ぶらでも困らないのではないでしょうか。

裏地の作り

『フュージョンダウン フーディー』は、目立たない裏地にもこだわっています。

首から腰にかけての背中部分に、通常のアルミプリントより、約1.5倍の保温性能があるブラックアルミを採用。

背中からぽかぽかしてくるような、暖かさがあります。

袖口は、冷気の侵入を防ぐ二重構造になっていました。

風が侵入しにくいので、自転車に乗ったり、外で活動したり、外気に触れやすい時でも、快適に過ごせることでしょう。

ほかにも裏地のつなぎ目や、加工部分を確認しましたが、気になる点はありませんでした。

脇部分の裏地

袖口の裏地

フード部分のつなぎ目

個体差はあるにせよ、『フュージョンダウン フーディー』は、作りがしっかりしている印象です。

ワークマンのダウンは大人気! バリエーション豊かな8選

ワークマンは『フュージョンダウン フーディー』以外にも、多くのダウンを販売しています。

ワークマンのオンラインストアで見つけたダウンはこちら。

・イージスダウンジャケット

・FLAME TECH 洗えるフュージョンダウン モンスターパーカー

・REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトジャケット

・REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー

・REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトベスト

・REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ショートパンツ

・REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトパンツ

・レディース洗えるフュージョンダウンスカート

『フュージョンダウン フーディー』を除いて、8つの商品がありました。

火に強かったり、防水性が高かったり、特徴的なダウンばかりです。

情報をまとめたので、ご覧ください。

イージスダウンジャケット

※写真の商品はベージュ

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、フェザー、ポリエステル

・サイズ:S、M、L、LL、3L

・色:ベージュ、ブラック、イエロー×ブラック、オリーブ

・価格:5800円(税込)

特徴

・大嵐にも耐えうる『DiALiGHT』という防水性能がある。

・首元に起毛トリコット素材の立ち襟がある。

・擦れに強いナイロンタッサーを採用。

『イージスダウンジャケット』は、防水性能の高いダウンです。完全防水ではありませんが、大嵐の中でも耐えられるスペックを誇ります。

冷気から首をガードする、起毛トリコット素材の立ち襟や、摩擦に強いナイロンタッサー素材を採用するなど、機能性に優れているといえるでしょう。

冬場の過酷な環境でも活躍しそうなダウンですね。

FLAME TECH 洗えるフュージョンダウン モンスターパーカー

※写真の商品はフレイムイエロー

基本情報

・素材:ポリエステル、ポリウレタン、ダウン、アクリル、フェザー

・サイズ:S、フリー、XL

・色:フレイムイエロー、フレイムカーキ

・価格:4900円(税込)

特徴

・火に強い『REPAIR-TECH』を搭載。

・耐久撥水加工がされている。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・冷気の侵入を防ぐ二重リブ袖になっている。

・自宅で洗濯ができる。

『FLAME TECH 洗えるフュージョンダウン モンスターパーカー』の最大の特徴は、火に強い『REPAIR-TECH』を搭載していること。焚き火や花火などの飛び火で、穴があきにくくなりました。

保温性能や耐久撥水といった機能も充実しているだけでなく、自宅で洗えるそうです。

アウトドアレジャーで手放せなくなる、ダウンかもしれませんね。

REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトジャケット

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:S、M、L、LL、3L(ブラックのみ)

・色:ブラック、カーキグリーン、テラコッタ、ブルーグリーン

・価格:2500円(税込)

特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・自宅で洗濯ができる。

・持ち運び用の収納袋が付いている。

『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトジャケット』は、ダウンの吹き出しや空気抜けだけでなく、小さな穴なら自己修復する『REPAIR-TECH』を搭載しています。

ダウンに期待される保温性能を実現しながら、軽量で持ち運びしやすいのもポイントでしょう。

アウターやミドルインナーとして、サッと着られる手軽さがありますね。

REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:S、M、L、LL、3L(ブラックのみ)

・色:ブラック、バーガンディレッド、ゴールドカーキ

・価格:2900円(税込)

特徴

・冷気を通さないシームレス加工をしている。

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・自宅で洗濯ができる。

・持ち運び用の収納袋が付いている。

『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー』は、生地表面に縫い目がないシームレス加工をしています。冷気の侵入やダウンの吹き出しを防止することで、高い保温性能を実現しました。

穴が空いても自己修復する『REPAIR-TECH』機能や、洗濯できる耐久性能は、ハードに着回す時にぴったり。

ヘビーローテーションをしたくなるダウンでしょう。

REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトベスト

※写真の商品はカーキグリーン

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:S、M、L、LL、3L(ブラックのみ)

・色:ブラック、モカブラウン、カーキグリーン、マスタードイエロー、ネイビー

・価格:1900円(税込)

特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・自宅で洗濯ができる。

・持ち運び用の収納袋が付いている。

『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトベスト』は、軽量の防寒アウター。保温性能や耐久性能が高く、タウンユースからアウトドアまで対応しています。

持ち運びもできるので、使い勝手のいいダウンでしょう。

REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ショートパンツ

※写真の商品はブルーグリーン

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:S(ブラックのみ)、M、L、LL(ブラックのみ)、3L(ブラックのみ)

・色:ブラック、モカブラウン、マスタードイエロー、ブルーグリーン

・価格:1500円(税込)

特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・動きやすいストレッチニット素材を採用。

・自宅で洗濯ができる。

『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ショートパンツ』は、ダウン素材を使ったショートパンツ。裾の後ろがストレッチ仕様になっていて、動きやすくなっています。

裾の調整用にアジャスターが付いているので、ギュッと絞れば冷気をシャットアウト。

パンツの下にレギンスやタイツを履いて、着こなしてもいいでしょう。

REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトパンツ

※写真の商品はブラック

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:S、M、L、LL、3L(ブラックのみ)

・色:ブラック、カーキグリーン、テラコッタ

・価格:1900円(税込)

特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・ダウンの保温力と発熱わたを合わせた『FUSION DOWN』を採用。

・動きやすいストレッチニット素材を採用。

・自宅で洗濯ができる。

『REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン ライトパンツ』は、ダウン素材を使ったロングパンツ。膝とふくらはぎ部分がストレッチ仕様になっていて、動きやすくなっています。

機能性を考えると、登山などのアウトドアで活躍しそうですね。

レディース洗えるフュージョンダウンスカート

※写真の商品はアイボリー

基本情報

・素材:ナイロン、ダウン、ポリエステル、アクリル、フェザー

・サイズ:M、L、LL

・色:アイボリー、ブラック、カーキ、パープル

・価格:1500円(税込)

特徴

・自己修復機能がある『REPAIR-TECH』を搭載。

・通常よりも約1.5倍の保温力があるブラックアルミを仕様。

・自宅で洗濯ができる。

・ポケットにスカート本体を収納できる。

『レディース洗えるフュージョンダウンスカート』は、ダウン素材を使ったスカート。右後ろのポケットにスカート本体を収納できるので、持ち運びするのにも便利です。

後ろファスナーを開ければ、ブランケットに早変わり。

パンツやレギンスの上から履いたり、ブランケット巻きにしたり、用途の多いスカートでしょう。

ワークマンのダウンは低価格で高性能! 1つは欲しいアウター

ワークマンのダウンの体験レビューと、ワークマンで販売しているダウンの情報をご紹介しました。

『フュージョンダウン フーディー』は、ダウンならではの暖かさはもちろんのこと、穴を自己修復する素材だったり、自宅で洗濯できたり、充実した機能が備わっている印象です。

タウンユースからアウトドアまで、幅広く活躍するのではないでしょうか。

ほかにも、パンツやスカートがダウン素材になっているなど、寒い季節にぴったりの商品がありました。

ダウンだけではなく、ワークマンには多くの防寒着があるので、気になる人はチェックしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top