grape [グレイプ] trend

関西弁を話す彼氏 彼女を遊びに誘った時の言葉に「気を付けなければ…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

関西弁は、独特な、いい回しとイントネーションが特徴的だといわれています。

例えば、『なおす』。標準語だと、「壊れたものを直す」といった意味で使われていますが、関西弁だと「片付ける」に。

標準語にある言葉でも、関西弁だと、意味がまったく異なってくる場合があるのです。

漫画家のえむしとえむふじん(@mshimfujin)さんは、関西弁をテーマに描いた漫画をTwitterに投稿。

漫画に登場するのは、関西出身の彼氏と、標準語を話す彼女です。

2人が、テーマパークの『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)』について話をしていると、事件は起こりました…。

「USJに行きたいな」と話す彼女に、彼氏は「また今度、USJに行こうか」と誘いました。

彼女は、彼氏がいった「また」に引っかかった様子。どうやら、「彼氏は浮気をしており、その相手とUSJに行ったことがあるのではないか」と疑っているようです。

ところが、この「また」は、標準語で使われている「再び」の意味ではありませんでした。

関西弁を話す彼氏は、「また」を「いつか行きたいね」といった意味で使っていたのです!

「また」が関西弁と標準語で、意味が大きく変わってくるだけに、2人の間で解釈にズレが生じてしまいました。

同じ言葉でも、関西弁と標準語で意味が変わってくると、時にはケンカの火種となりかねないようです…。

【ネットの声】

・知らなかった…。日本語って難しいな。

・「また」で伝わらないのか…。勉強になった!

・関西出身だけど、これは普通にいってしまう。

関西出身の人は、うっかり「また」と使って誤解を生まれないように、気を付けたほうがよさそうですね!

えむしとえむふじんさんは、ブログやInstagramでも漫画を紹介しています。気になる方はのぞいてみてください。

ブログ:コミックエッセイ『えむふじんがあらわれた

Instagram:mshimfujin

また、こちらのQRコードを読み込んで読者登録すると、LINEにブログの更新が通知されます。

スマホの人はQRコードをクリックすると、読者登録ボタンがあるページに直接飛べるのですぐに登録できますよ。

さらに、えむしとえむふじんさん著作のエッセイ『いくで!小学生エムモトえむみの勝手きままライフ』が発売中。

気になった人はぜひ、手にとってみてくださいね!

いくで!小学生エムモトえむみの勝手きままライフ

いくで!小学生エムモトえむみの勝手きままライフ

えむふじん
1,210円(10/04 14:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典
@mshimfujin

Share Tweet LINE コメント

page
top