grape [グレイプ] trend

「これは泣く」「素敵な店員」 幼い子供を連れた母親に、店員が…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

子供が生まれると、親は我が子の世話でてんてこまいになるもの。

子供の命を守りながら育てていく中で、自分自身のことはだんだんと後回しになってしまうものでしょう。

薬局の店員、子供の話をしているかと思いきや…?

3児の母親である、春川(@oisiiiiiicheese)さんがTwitterに投稿したエピソードをご紹介します。

春川さんがいつも買い物をしに行く薬局には、優しく声をかけてくれる店員がいるそうです。

ある日、春川さんがいつも通り、その薬局で買い物をしていたところ、店員に「あら、髪切った?」と声をかけられました。

幼い息子さんと一緒に訪れていた春川さんは、我が子のことかと思い「そうなんです。前髪をちょっと…」と回答。

すると、店員は春川さんの言葉をさえぎり、このようにいいました。

「あ!違う違う、ママのことよ。さわやかで素敵よ」

春川さんは、この店員の言葉に「なんだか嬉しくなった」といいます。

親として、我が子のことをほめられるのは、もちろん嬉しいもの。

一方で、この店員が春川さんを1人の人間として見守り、接してくれていたことが嬉しかったのでしょう。

また、春川さんが以前、店内で走る息子さんを叱っていた時のこと。

この店員が「うちの子も、息子さんと同じ名前なの。もう大きいんだけどね」と優しく声をかけてくれたそうです。

店員の何気ないコミュニケーションによって、春川さんは穏やかな気持ちで買い物ができたといいます。

春川さんの投稿には、多くの共感の声が寄せられています。

・これは泣く。子供が生まれた後、自分の変化に気が付いてくれる人って少なくなりますよね。

・ずっと『お母さん』の役回りに徹していると、素の自分をちゃんと見てくれる人に感謝の気持ちがわきます。

・母親になると、かけられる言葉がすべて、子供のことかと思いますよね!素敵な店員さんだな。

・1日中誰とも会話をせずに子育てをしていた時、店員さんとの何気ない会話が本当に嬉しかった。

誰しも「自分のことをちゃんと見てくれているんだ」と感じるだけでも嬉しくなるもの。

子供を中心に生活を送る親であれば、なおさらそう感じるのかもしれません。

素敵な接客ができる店員に拍手を送りたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@oisiiiiiicheese

Share Tweet LINE コメント

page
top