grape [グレイプ]

「私と一緒…」片腕を失った少女と三本足の子猫が出会い繋がる心

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

片腕を失ってしまった少女と三本足の猫の、心温まる出会いをご紹介します。

生後10か月で片腕を失う

カリフォルニア州に住むスカーレット・ティプトンちゃんは、特殊な病気により左腕が肥大化。生後わずか10か月で腕を切断するという、大きな手術を受けなければいけませんでした。

術後、元気に育ち2歳になったスカーレットちゃんですが、やはり片腕を失ったショックは大きく、落ち込むことも多かったそうです。

18396_06

出典:Facebook

そんな時ニュースで、車の事故により右前足を失い、保護施設に保護された子猫の「ホリー」を見かけます。

スカーレットちゃんの心の支えが欲しいと考えていた両親は、さっそく彼女を連れて保護施設へと向かいます。

ホリーとの出会い

ホリーと出会い傷跡を見るや、スカーレットちゃんは「いたい、いたい」と、つぶやいたと言います。お母さんが「そうだね、スカーレットと同じで痛い、痛いだね」と伝えると、幼いながらに自分と一緒だと感じたそうです。

18396_07

出典:Facebook

同じような境遇にお互い心を開くことが出来たのか、出会ってすぐに二人は仲良しになりました。

18396_05

出典:Facebook

そして、ティプトン家に引き取られたホリーは、スカーレットちゃんの好きなアニメから名前をとり、「ドク」と改めて名付けられました。

18396_02

出典:Facebook

一緒に遊んだり、ソファーの上でくつろいだりと、まるで昔からの親友のように仲良しな二人。今では、お互いになくてはならない存在になりました。

18396_04

出典:Facebook

幼いながらに、とても辛い経験をすることになってしまった、少女と子猫。この出会いが二人の未来を幸せなものに変え、末永くお互いを支え合ってくれたら、嬉しいですね。

出典
Facebook

Share Tweet LINE コメント

page
top