痴漢被害者に、女性警察官が『ひと言』 本質を突いた発言に「素晴らしい」

※写真はイメージ

知人女性が新宿駅で痴漢に遭遇してしまった時のエピソードを、Twitterに投稿した空手出戻り(@karate_demodori)さん。

その際、被害女性に対し、女性警察官が伝えた『ひと言』が「素晴らしい」と称賛されています。

付き合って間もない恋人とのデートに行く途中

痴漢被害に遭った女性は、交際して間もない恋人とのデートのため、待ち合わせ場所に電車で向かっていました。

すると、運の悪いことに痴漢に目をつけられ、被害に遭ってしまいます。

偶然、居合わせた男性が助けてくれたことで、痴漢を取り押さえることができたといいますが、女性はひどく傷ついたことでしょう。

そして、この痴漢事件には、男性と女性、2人の警察官が対応してくれました。

ひと通り、状況を説明すると男性警察官は痴漢に対して、ひどく憤慨している様子で、被害女性にこう伝えたといいます。

※写真はイメージ

そういう服装をしているとね…。

実は、この日、女性は少し露出の多い服装だったといいます。

男性警察官も被害女性に対して「あなたにも落ち度がある」と伝えたかったわけではなく、「被害に遭うことがないように」という親切心から忠告をしただけなのでしょう。

それでも、被害女性にとっては「あなたが悪い」といわれているようにも感じる言葉。

すると、そのやりとりを見ていた女性警察官が、被害女性にこんな言葉をかけたといいます。

※写真はイメージ

彼氏に可愛い服を見せたかっただけだよね。

かばってくれた女性警察官の優しさに、被害女性は号泣してしまったといいます。

痴漢は被害者の落ち度で起こる犯罪ではない

痴漢被害について、「被害者側にも問題がある」「露出の多い服装をしていれば仕方ない」といった指摘をする人もいます。

しかし、こういった発言は加害者を擁護するだけでなく、痴漢被害にあった人をさらに苦しめることにもつながります。

当たり前のことですが、痴漢は行った側が一方的に悪い犯罪。男性が女性に、というイメージが強くありますが、最近では反対のケースも少なくありません。

※写真はイメージ

また、今回のケースでは痴漢を取り押さえた男性が「必要なら証言もします」と、名刺を置いて行くなど、被害女性をしっかりとサポートしてくれたといいます。

当事者のみならず、周囲の人も含めて「痴漢は絶対に許さない」という社会を作ること…そんな当たり前の考えがいま以上に広がり、痴漢という犯罪がなくなることが望まれています。


[文・構成/grape編集部]

出典
@karate_demodori

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

新着記事

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop