grape [グレイプ] trend

こんなことがあるなんて 60年以上にわたる大親友の2人、実は…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

アメリカのハワイ州で『クリスマスの奇跡』といわれる出来事がありました。

ハワイ州ホノルル市で生まれた72歳のアラン・ロビンソンさんと74歳のウォルター・マクファーレンさん。2人が初めて出会ったのは小学生の時で、それ以来60年以上に渡って友情を深めてきた親友同士です。

高校生の時は一緒にアメリカンフットボールをプレイし、後に2人とも結婚して家族を持ちました。現在は2人とも仕事を辞め、のんびりと老後を楽しんでいるということです。

そんな仲よしの2人にはある共通点がありました。それは『生みの親について知らない』ということ。

ウォルターさんは実の父親について知らず、アランさんは幼い時に養子に出されたのです。

父親を探し始め、明らかになった事実

ウォルターさんは、自分の祖先について調べることができるインターネットサイトやソーシャルメディアを使って父親を探し始めます。しかし残念ながら有力な情報を得ることはできなかったのです。

しかし、ウォルターさんはあきらめませんでした。DNAサンプルを元に、肉親捜しを行う会社に調査を依頼。すると、驚きの事実が判明します。

なんとウォルターさんとアランさんは同じ母親を持つ、血のつながった実の兄弟だったのです

海外メディアKHON2によると、アランさんも自身の両親について調べるために同じ調査会社を利用していたのだそう。そこでウォルターさんのDNAがアランさんのものとマッチしたのです。

アランさん:
「こんなものをもらえるなんて想像すらできないくらい、最高のクリスマスギフトだよ」

KHON2 ーより引用(和訳)

長年の大親友から実の兄弟へ。2人の関係は変わっても固い友情の絆は、これからもずっと変わることはないでしょう。まるで映画のような奇跡の実話ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Lifelong Friends Discover They Are Biological Brothers | NBC Nightly NewsWalter MacfarlaneKHON2

Share Tweet LINE コメント

page
top