grape [グレイプ]

岡崎体育の現在は? ファンクラブの炎上騒ぎや、 話題になった曲について

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

ミュージシャンとして活躍している岡崎体育(おかざきたいいく)さん。

ミュージックビデオによくあるシチュエーションを歌にした曲『MUSIC VIDEO』が、その映像の秀逸さもあって多くの人に注目されました。

そんな岡崎体育さんの活動についてや、ファンクラブの炎上騒ぎなど、さまざまな情報をご紹介します!

岡崎体育ってどんな人?「ライブは口パクで歌う」という理由は

まずは岡崎体育さんのプロフィールをチェックしていきましょう!

生年月日:1989年7月3日

出身地:兵庫県西宮市

血液型:A型

身長:175cm

大学生の時に、興味を持っていた音楽の世界に参入することを志します。しかし、バンドを組み音楽活動を続けていたものの、なかなか芽は出ませんでした。

その時は、音楽活動のかたわらスーパーでアルバイトをし、自主制作のCDを販売したり、ライブでのパフォーマンスを行ったりする生活を送っていたといいます。

「目立ってなんぼ」と考えていた岡崎体育さんは、当時からライブは「口パク」であることを宣言しており、その分パフォーマンスに力を入れて人を惹きつける独特のスタイルを確立していました。

※写真はイメージ

そんな努力や工夫が実を結んで、2014年にソニーミュージックの関係者の目にとまり、育成契約を結ぶことに。

地道にファンを獲得してきたことや、自身のYouTubeチャンネルで公開している動画が話題になったこともあり、初のアルバム『BASIN TCHNO』がオリコン週間アルバムチャートで初登場9位を獲得。次第に世間から認知されるようになっていきます。

それからはトークのうまさが評価されてラジオ番組『岡崎体育のオールナイトニッポンR』(ニッポン放送)が放送されたり、音楽番組『ミュージックステーション』(テレ朝系)にも出演したりなど、着実に知名度を広げていきました。

岡崎体育の曲はどう? 聞いた人の反応は

リリースするたびに話題になる、岡崎体育さんの曲。そのセンスが分かる1曲が『家族構成』です。

似ても似つかない家族を「父、母、兄…」と紹介していく、シュールで中毒性のある音楽に仕上がっています。

岡崎体育 『家族構成』

動画を見ていると「本当の家族なの!?」と思ってしまいますが、実は一般募集された見ず知らずの人とのこと。出演者の素人っぽさが、逆に味になっていますね。

次に、多くの人に愛されたのが、TVアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(テレ東系)のエンディングテーマになった曲『ポーズ』です。

岡崎体育 『ポーズ』

この曲は、同アニメでキャラクターたちが技を使う時に取る『ゼンリョクポーズ』を題材にしたもの。

子ども向けに作られているものの、「大人になったときに、またここで会えるように」という歌詞の部分には、大人のポケモンファンに向けたメッセージが込められているとのこと。

この曲で踊っているダンスを子どもが真似することも多いといい、「親子そろって楽しめる」という評価がある曲です。

2016年には、「岡崎体育さんといえばコレ!」という曲が発表されました。それは、ミュージックビデオのあるあるを盛り込んだ曲『MUSIC VIDEO』。岡崎体育さんがブレイクするきっかけとなったといわれる曲です。

思わず笑ってしまう映像をご覧ください!

岡崎体育 『MUSIC VIDEO』

岡崎体育さんが曲中であげているシチュエーションは、「カメラ目線で歩きながら歌う」「急に横からメンバー出てくる」「交差点立っとけ」など、何かのMVで見たことがあるものばかり!

「あ、こんなシチュエーションあった!」と気づくと、クスッとしてしまいます。

その後、2017年に発表した曲『Nature Lips』にも注目が集まりました。

これは字幕がなければ歌詞がまったく聞き取れないというとんでもない1曲で、日本語の歌詞を英語風に歌っています!

岡崎体育 『Nature Lips』

実は岡崎体育さんは『英語に聞こえる日本語』に関して、過去に大きな話題になったことがあります。

それは、Twitterに投稿したこちらの動画。冷蔵庫に貼られたメモを読み上げているのですが…。

う、うますぎ!本当に英語に聞こえます。

岡崎体育さんのTwitterのフォロワー数は40万人を超えており、YouTubeに投稿している動画の再生数は数百万から数千万にもなります。

いかに、岡崎体育さんが人気になっているかが分かりますね。

岡崎体育のファンクラブが炎上? 持論を語る

岡崎体育さんは、2018年2月にファンクラブに関する新しい試みを始めました。

それは株式会社SKIYAKIが提供する『bitfan』というサービスで、アーティストのグッズを買ったり、SNSで情報を宣伝したりするとポイントがもらえ、そのポイントを集めるとアーティストと握手ができるなど、特典がもらえるというもの。

こちらは、株式会社SKIYAKIが公表している『bitfan』の概要の一部です。

ファンクラブへの入会・継続、ファンクラブサイトでのログイン履歴、ECサイトでのグッズの購入状況、twitter等による応援・拡散など、ファンの様々な行動履歴を収集し、独自のアルゴリズムによってファンに「トークン」を付与します。

そして、付与されたトークンに基づいて評価したランキングを表示することで、ファンのアーティストに対する熱量を可視化します。ファンは自分のランキングの順位に応じて、特別な体験を得られる機会を得ることが可能になります。

株式会社SKIYAKI ーより引用

この試みを知ったファンからは「ファンに優劣をつけるのか!」と多くの批判が寄せられました。

こういった批判に対して、岡崎体育さんは持論を展開。そして、不安にさせてしまったファンに対して謝罪しました。

そして、岡崎体育さんはこの炎上騒ぎについて冷静に考え、ブログでも心情をつづっています。

綺麗事を言っても仕方ないから正直に言うと、ファンの人たちから「賛同」と「お金」を得ないとミュージシャンやアイドルは生きていけません。

僕の場合、お金がないとメジャーレーベルに所属できない。

だから自分の作った音楽を評価して「お金」を出してくれる人に感謝の気持ちでおまけをつけて、少しでも満足してほしかった。

岡崎体育 オフィシャルブログ ーより引用・抜粋

ファンに優劣をつけるという意図ではなく、あくまで大切なお金を多く使ってくれた人への感謝として「おまけをつけてあげたい」という気持ちであったことを強調しました。

岡崎体育さんの本当の意図をくみ取り、その考えを支持する人も多く現れています。

・アーティストがお金がないと活動できないというのは本当のこと。岡崎さんのいうことも正しい。

・自分に出資してくれる人にリターンを返したいというのは、当然の感情かも。

・いい試みでもあると思うし、岡崎さんは自分の道を信じて突き進んでほしい。

岡崎体育の現在は?

岡崎体育さんは音楽活動をメインとしながら、俳優業にもチャレンジしています。

2018年10月から2019年3月まで放送された連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)に、チャーリー・タナカ役で出演。

また、2019年4月に公開された映画『麻雀放浪記2020』で銀幕デビューを飾っています。

型にとらわれず、幅広い活躍を見せている岡崎体育さん。さらなる飛躍を期待しましょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@okazaki_taiiku岡崎体育 『MUSIC VIDEO』Music Video岡崎体育 『Natural Lips』Music Video岡崎体育オフィシャルサイト【公式】アニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」 ポケモン×岡崎体育 特別MV(フルバージョン)SKIYAKIsakuraando

Share Tweet LINE コメント

page
top