grape [グレイプ]

川村元気は映画プロデューサーでは? 小説『億男』『世界から猫が消えたなら』が大人気

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

映画プロデューサーとして、数々のヒット作を世に送り出している川村元気さん。

26歳の時にはオタクの恋愛を描いた映画『電車男』をプロデュースし、興行収入37億円を記録しました。

話題作となった『告白』や『おおかみこどもの雨と雪』なども手がけた川村元気さんは、どのようにして映画プロデューサーとなったのでしょうか。

川村元気さんが映画プロデューサーになった経緯と、彼の作品をご紹介します。

川村元気 影響を与えた父親

日本映画専門のWebサイト『ホウガホリック』によれば、新卒で東宝に就職してから、大阪府・難波南街の劇場で入場券の半券を切る『モギリ』をして過ごしていたという川村元気さん。

社内の企画に募集したことからプロデューサーとしての道が開けたのですが、そんな川村元気さんのルーツは父親にありました。

父親について、川村元気さんは『ウェブ電通報』のインタビューで次のように語っています。

父親が日活で働いていたので映画は英才教育で、テレビはなかったけれど、映画は見せてもらえました。最初に見た映画は『E.T.』でした。当時3歳で、ちょっと怖かったんですけど、自転車が飛ぶシーンには感動しました。その感動が根強くあって。テレビがなかった分、映画1本1本のインパクトが大きかった気がします。

ウェブ電通報 ーより引用

映画会社『日活』で助監督をしていた、川村元気さんの父親。

川村家の教育方針として家にテレビはなかったものの、代わりに川村元気さんは映画に触れる機会が多かったようです。

映画に慣れ親しんだ川村元気さんは、このような経緯で映画業界へ進むことに決めたのでした。

高校・大学時代、ピークの時はビデオ屋に通い詰めて年500本見ていましたね。大学ではドキュメンタリーを作る授業があったんですが、僕はどうしても面白おかしく過剰に作ってしまって、いつも先生に怒られていて。そこから自分はエンターテインメントに向いているんだなと思い始めて、卒業後は東宝に入りました。

ウェブ電通報 ーより引用

数多くの映画を観てきた川村元気さんが、映画業界の道に進むのは当然のこと。

優れた映画製作者に贈られる『藤本賞』を史上最年少で受賞するほど、映画プロデューサーとしての才能にあふれています。

ですが、川村元気さんには映画プロデューサーとは別の顔もありました。

川村元気 仕事の幅

川村元気さんは、クリエイティブ・ディレクターとしての才能も発揮。

2016年に開催されたルイ・ヴィトンの展覧会では、『旅』をイメージしたパフォーマンスを企画・構成しました。

そのほか、さまざまな演出を手がけてきた経験から、東京五輪・パラリンピックの総合的な演出企画を担う『東京2020年 開会式・閉会式 4式典プランニングチーム』の1人に選ばれています。

映画プロデューサーとして活躍してきたことが、こういった演出の仕事へとつながっていったのでしょう。

アイディアをまとめ、目的に向かって人々を動かすスキルを身に着けた川村元気さん。

一方で川村元気さんは、自ら物語を書くことにも目覚めていきます。

川村元気 ベストセラー小説『世界から猫が消えたなら』

『世界から猫が消えたなら』は、2012年10月25日に発売され120万部を突破した、川村元気さんのデビュー作にして大ベストセラー小説。

翻訳され、台湾や中国、イギリスなどの海外でも発売。人気を博しています。

2016年には映画化もされ、俳優の佐藤健さんが主人公と悪魔の2役を演じて話題になりました。

そんな『世界から猫が消えたなら』を、オーディオブック配信サイト『audiobook.jp』では音声で楽しむことができます。

オーディオブックとは、声優やナレーターの朗読により本を耳で楽しめるサービスのこと。

オーディオブック『世界から猫が消えたなら』では、人気声優・小野大輔さんが主役や悪魔の声を勤めています。

年間で最も優れた作品に贈られる『オーディオブック・オブ・ザ・イヤー』に選ばれたこともある、オーディオブック『世界から猫が消えたなら』。そのクオリティは確かなものだといえるでしょう。

脇を固める声優陣も実力派ばかりです。

川村元気著作 オーディオブック『世界から猫が消えたなら』キャスト一覧

朗読・僕・アロハ(悪魔):小野大輔
母親:氷上恭子
父親:ふくまつ進紗
元彼女:松浦チエ
キャベツ(猫):高野麻里佳
ツタヤ(友人):坂巻学

『世界から猫が消えたなら』あらすじ

ある日突然、余命わずかであることを宣告された30歳の僕。

僕の前にアロハシャツを着た悪魔が現れ、ある取引を持ちかけてきた。
「世界から何かをひとつ消すことで、一日の命がもらえる」という。

そして僕は、僕の命と引き換えに、電話、映画、時計、そして猫を消すことに…。

主人公の「僕」を通して、さまざまな角度から「死」を見つめる作品。悪魔との取引を繰り返し、最後に主人公がたどり着く答えとは何なのでしょうか。

オーディオブック『世界から猫が消えたなら』の再生時間は5時間強。

小説を自分で読んだ時に思い浮かべるイメージや、映画を観るのとはまた違った『世界から猫が消えたなら』の世界に浸ることができます。

オーディオブックの巻末には、川村元気さんと小野大輔さんの特別対談音声も収録。

素敵な余韻を味わえること間違いなしです!

川村元気著作 オーディオブック『世界から猫が消えたなら』サンプル

川村元気コメント

『世界から猫が消えたなら』の原作小説を書きました川村元気です。

小野大輔さんにやっていただきたいと思った「僕」と「悪魔」の役を、大野さんの声でぜひお楽しみいただければなと思います。

よろしくお願いします。

小野大輔コメント

この本は、読んだ時に残るものが大きくて重くて、でも清々しくて、この作品の一ファンになってしまいました。

聞きどころはいろいろなキャラクターの演じ分けです。例えば、猫や両親はほかの役者の皆さんが演じてくれていますし、自分も主人公はもちろん、あの人物も演じています。声で彩るという感じで、音声化する意味合いのとても強い作品になったと思います。

川村元気 『億男』もオーディオブックに

また、川村元気さんの大人気小説『億男』にもオーディオブック版があります。

こちらも、ナレーションと主人公の一男役を小野大輔さんが務めているため、ファンは必聴です!

川村元気 プロフィール

生年:1979年
出身地:神奈川県横浜市
出身大学:上智大学文学部新聞学科

川村元気 主な映画作品

・『電車男』
・『その時は彼によろしく』
・『陰日向に咲く』
・『デトロイト・メタル・シティ』
・『告白』
・『悪人』
・『モテキ』
・『宇宙兄弟』
・『おおかみこどもの雨と雪』
・『寄生獣』
・『バケモノの子』
・『バクマン。』
・『世界から猫が消えたなら』
・『君の名は。』
・『怒り』
・『何者』
・『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
・『ドラえもん のび太の宝島』
・『未来のミライ』
・『億男』
・『来る』

川村元気 主な執筆作品

・『世界から猫が消えたなら』
・『億男』
・『四月になれば彼女は』
・『ふうせんいぬテイニー』シリーズ 共著:佐野研二郎
・『パティシエのモンスター』共著:サカモトリョウ
・『ムーム』絵:ましこゆうき


[文・構成/grape編集部]

出典
audiobook.jpオーディオブック「世界から猫が消えたなら」ホウガホリック文春オンライン一般社団法人 映画演劇文化協会ウェブ電通報東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会オーディオブック『世界から猫が消えたなら』

Share Tweet LINE コメント

page
top