grape [グレイプ]

読書を日課にするにはオーディオブック! 『耳』は意外と暇?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

読書を日課にしていますか?

「最近、何か本を読んだ?」

誰かからそう聞かれたら、ドキッとしませんか。

『読書』を日課にすることは知識の幅を広げ、想像力を鍛え、自分の成長をうながしてくれます。

「全然、読んでない」…こう答えることに恥ずかしさをおぼえても、おかしくはありません。だからといって…。

【ほらー、なんだかんだ忙しいし?読書は好きなんだけどまとまった時間が取れないっていうか。本屋でじっくり本を探す暇もないし?あ、電子書籍って最近あるじゃん?でも紙じゃないと読んだ気がしないーっていうのもあるし。ホントは読みたいって思ってるんだ。読書いいよね、本読まない人ってちょっとねーみたいなの、思うし(略)】

わ、分かった…もう言うなっ…!!!

「えっ、読書?してるよー。最近だとお気に入りの作者はね…。あっ、知らない?ほら映画化もしたやつだよ。ほかに有名な作品だと…」

こんな会話が『日常的に余裕で』できるようになる、簡単な方法をご紹介します。

ただし、タダではないことはご了承ください。最初の1か月はお試しで無料。

翌月からは、1か月につき750円かかります。ちょっと安めの定食ランチ1食分の金額で、「読書を日課にしている人」になれます!

みんな大好きから揚げ定食

「なんだ、無料じゃないんだ…」

がっかりした人は、最寄りの図書館に通ってくださいね!借りた本は返却日までに返しに行くんですよ!

「750円?ほう、話だけでも聞いてみようじゃないか」と思ったかただけ、続きをどうぞ。

読書を日課にする方法

では、読書を日課にする方法をご紹介します。

使うのは、スマホ

そう、皆さんが肌身離さず持っているそれです。

朝起きたらまず、Facebookやインスタで友達や有名人の投稿をチェック。LINEのメッセージが来ていないか確認し、トレンド情報はニュースアプリで。通勤・通学中の満員電車では、押し合いへし合い、なんとかスマホを取り出してゲームアプリに夢中…。

仕事中はPCに向き合いっぱなしで目がショボショボに。とはいえ、帰りの電車でもスマホの画面から目が離せません。

家でのくつろぎタイムもスマホを眺めっぱなし。

こんな日々のどこに、読書の習慣を取り入れるのか…ですが1か所、暇そうな場所がありませんか。

そう、耳!!!

お疲れ気味の目を休ませて、『耳で読書』を日課にしてみませんか。

「耳で聴く本」オーディオブックでの読書って?

『耳で読書』を可能にするのは『オーディオブック』というもの。

オーディオブックとは?

声優やナレーターが本を朗読。その音声をPCやスマホで再生して聴く。「聴く本」とも呼ばれる。

ドラマや映画などは、音声と共に画面も眺めていなければなりません。オーディオブックは、耳から本の情報がすべて入って来ます。

日々のスキマ時間を読書にあてる、ぴったりな存在がオーディオブックなのです。

「実は、活字苦手です!」

「漢字が読めません…」

「読書、めんどくさい」

いままで本音を隠してきた、あなたのためのオーディオブックです!

「声優オタクです」

相性、最高!!!

オーディオブックにはアニメやゲームで人気の有名声優も、ナレーターとして出演しています。

推し声優で耳が嬉しい…そして読書もできる…まさに『いいとこ取り』なのがオーディオブックです。

オーディオブックでの読書が初めてなら!聴き放題がオススメ

これまで読書の習慣がなかった人にとって、不安なのは「続けられるのだろうか…」ということでしょう。

オーディオブックの老舗『audiobook.jp』には、スマホアプリ限定で月額750円の聴き放題プランがあります。初月は無料。

そう、前述の定食1食分のお値段です!

小鉢3つは付いてこないかも

『audiobook.jp』による利用者へのアンケート(※)結果によると、オーディオブックを使った人の約半数が「読書する機会が増えた」と回答しています。

「もともと読書を日課にしていた人たちなのでは?」

読書を日課にすることに不安がある人はそう思うかもしれません。

確実に首肩がつらいやつ

しかし、懐疑的なあなたには、この結果もご紹介!

「オーディオブックを使って読書習慣に変化はあったか」という質問には、「本屋や図書館に行く機会が増えた」と回答した人が、なんと10%もいたのです。

オーディオブックを聴くことで、紙の本への興味がわくという、驚きの結果。オーディオブックを聴くことで、紙の本での読書も、自然と習慣になるかもしれません!

読書を日課にしたくても とにかく「時間がない」人に!

「そうはいっても時間がない!」

スマホで移動中や、家の中でどこででも、気軽に読書を習慣にできる…といわれても「とにかく時間がない」人にはこんな本も!

イヤホンケーブル食いちぎられる3秒前

『忙しい人のための「吾輩は猫である」』

著者:夏目漱石(原作)、大村佑介(抄訳)
ナレーター:浅科准平

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」この有名な文章から始まる、夏目漱石の名作『吾輩は猫である』。

タイトルは知っていても、意外とストーリーは覚えていないもの。

とはいえ、ただでさえ貴重な時間を使って読んでみようとするかというと…「どうせなら、話題の最新作のがいいな」というのが本音ですよね。

そんな時のオーディオブック!

オーディオブック『忙しい人のための「吾輩は猫である」』は、1時間半でストーリーが把握できるように構成されています。

さらにオーディオブックは、倍速での再生でさらに速く読み終わることも可能。「時間がない」をいい訳にせずに、読書を日課にできますよ!

まさかの読書しながらデート

結論:読書の習慣を作るならオーディオブック!

「読書 読み方」

「本 読み方」

「速読 コツ」

こんなワードで検索をし、なんとか苦手な読書が効率よく、上手にできないだろうか…と悩む人も多いのだとか。

文字を読むことに慣れていなかったり、時間がなかったりするのにむやみに本を購入しても、いわゆる『積ん読(つんどく)』状態になってしまうだけ。

積ん読、キケン

まずは、オーディオブックの『聴き放題』で、読書を日課にするきっかけ作りをしてみませんか。

※調査概要
調査方法 :インターネットによる調査
サンプル数:1698名
実施期間: 2018年6月23日~6月29日
調査対象者: 全国の『audiobook.jp』利用者


[文・構成/grape編集部]

出典
audiobook.jp

Share Tweet LINE

page
top