grape [グレイプ]

「恋愛は苦手だけど、人の愛情は優しくて大好き」 中学生時代の思い出に、涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

周囲との違いに敏感になり、心が傷つきやすくなる思春期。この時期、子どもたちは家族や友人関係、進路や恋などさまざまなことに悩みます。

成長してから自分の思春期を振り返った時、いい思い出ばかりの人もいれば、嫌な思い出がある人もいることでしょう。

大塚みちこ(@mt_mitty)さんは、恋愛に対してトラウマを抱えてしまった1人。ですが、大塚さんは『ある人との出会い』から、前向きになれたといいます。

「恋愛は苦手だけど、人の愛情は優しくて大好きだといまでも思うし、それは私の感性にもなっている」

恋愛とは別物の、人の愛情が大好きな大塚さん。彼女の価値観は、中学生の時に形成されたそうです。

中学生の時の恋と友達

中学生だった当時、ニキビに悩まされており、容姿に自信がなかった大塚さん。

美人な友達と同じ男子生徒を好きだったことから、悲劇が起きてしまいます。

大塚さんの恋愛は、ほかの心ない生徒たちに娯楽として消費されてしまいました。

ショックを受けた大塚さんは、美人や男子全体に対して恐怖心を抱いてしまいます。

傷付いていた大塚さんの心を支えてくれたのは、気まぐれに声をかけてくれる理科の教師でした。

この教師は本当に無邪気で、昼休みに子どもたちと一緒に理科の実験をして遊んだり、楽しそうに自分の授業をしたりしていたそうです。

また、勉強が苦手な子には何度でも教え、テストの点だけでなく過程も重視し、勉強ノートも成績の評価に足すなどの工夫をしていたとのこと。さまざまなタイプの子がいることをよく理解していたのでしょう。

大塚さんの『思春期の思い出』には恋愛のトラウマがありますが、温かな教師の思い出もあります。コンプレックスが刺激されて心が痛むことがあっても、いつも教師の思い出が心を癒してくれました。

傷付かずに生きることは困難ですが、温かな思い出と一緒なら、前を向いて生きていけそうですね。

大塚さんのエッセイが発売中

大塚さんの学生時代にまつわる日常を描いたエッセイ『敏感性自滅ガール~吹奏楽部エッセイ~』が発売中です。

時に考えさせられ、時に心温まるエピソードの数々に、癒されてみませんか。

敏感性自滅ガール~吹奏楽部エッセイ~ (バンブーエッセイセレクション)

敏感性自滅ガール~吹奏楽部エッセイ~ (バンブーエッセイセレクション)

大塚 みちこ
1,430円(11/12 22:11時点)
発売日: 2017/12/21
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典
@mt_mitty

Share Tweet LINE コメント

page
top