grape [グレイプ]

春は出会いの季節 その中には『生涯の友』となり得る出会いも

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

春の出会いを大切に… アナウンサー押阪忍の『美しいことば』

3月4月は、出会いと別れの季節ですね。入学、卒業、入社、転勤、異動、退職…と、今までの生活とは ガラリと変わる人達がかなりいらっしゃることでしょう。この春は、入学や入社で新しい友人をつくる大きな出会いであり、心ときめく季節であり、この出会いで結ばれた友人が『生涯の友』となり得る機会が多いのです。

親友ともいうべき友人をつくるのに当たって、古今東西の名言や言い伝えがありますので、ご参考になればと思い、ご紹介させていただきます。先ずは馴染みのものから…。

①友は類を以てあつまる。

②朱に交われば赤くなる。

③金を貸せば金と友を失う。

④その人を知らんとすれば、その友を見よ。

⑤水は方円の器にしたがい、人は善悪の友による。

⑥酒と卓子たくし(テーブルのこと)は、友をつくり友を失う。

⑦1人の善良なる友は、多数の親戚に勝る。

⑧善友の怒る顔は、悪友の笑顔より尊し。

⑨賢友はすなわち、万福の基なり。

⑩上に交わりてへつらわず 下に交わりておごらず。

とも有り 遠方より来たる、た楽しからずや。

⑫君と共に一夜話す 十年の書を読むに勝る。

など、春の友達づくりに参考になる金言が、綺羅、星の如くあるのです。この春⑪、⑫のような出会いがあれば嬉しいですね。

勿論この名言、至言には、出典がありますが、それよりも、これらの文言を覚え、参考にされることの方が大切と考え、敢えて省略させていただきました。

友達づくりは大切です。「⑬知己は多し、されど友は少なし」では淋しいですよね。「⑨賢友は乃(すなわ)ち、万福の基なり」です。どうかこの春、『人生の真友』ともいうべき 朋友や盟友との出会いがあることを期待して 拙文の結びと致します。

<2019年3月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2019年現在、アナウンサー生活61年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top