grape [グレイプ]

「そだねー」だけじゃない! 道産子が教える、可愛い北海道弁の使い方

By - 八木 志芳  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

初めまして、八木志芳です。故郷・北海道を離れ、アナウンサーとなって8年の私。

地方出身のアナウンサーが、はじめにぶつかる壁は「方言、訛りを直す」ことではないでしょうか。

という私は、方言・訛りがひどかったかというと、そうではありません。生まれも育ちも北海道ですが、父親が埼玉県出身であったことや、両親が長らく東京で暮らしていたこともあり、家の会話は、ほとんど標準語です。

そのおかげで「八木は東京出身だと思うぐらい訛りがないね」といわれるほどでした。その反面「北海道弁しゃべってみて!」といわれても、逆に不自然な方言になってしまいます。昨今の方言女子ブームにも乗れない私、なんともったいないことでしょう!

そこで、方言可愛い女子に強い憧れを持つ私が、友人たちが使っていて「可愛い!」と思った、北海道弁をセレクトしました。個人的な妄想で作り上げた、好きな人のハートを射止める例文、シチュエーションも合わせてどうぞ。

可愛い北海道弁・初級編

なまら

北海道弁の代表格。北海道出身の大スター、大泉洋さんも、たまにメディアで使用しているところから、ご存知のかたも多いでしょう。意味は「とても」「超」など、強調の意味です。

「このスープカレー、なまらうまいね」など、好きな人と一緒の食事の時などに、使うと自然さも出て、かわいさアピールになるでしょう。

しばれる

北海道だけではなく、東北地方の一部でも使用される単語。意味は「寒い」ですが、私の中では、氷点下の張り付くような寒さの時に使うイメージです。そんじょそこらの寒さでは、容易に使えません。

「今日はしばれるー。手が痛くなっちゃた」と、上目遣いでアピールすれば、手を握ってもらえるかもしれません。いや、握ってあげましょう。

めんこい

こちらも、北海道だけではなく、東北でも広く使われている方言。「めんごい」と濁るパターンもあるようです。意味は「可愛い」。

普段は標準語で会話している中で「今日もめんこいね」と、不意打ちのように使ってみるのはどうでしょう。ギャップも重なって、可愛さマックスです。

可愛い北海道弁・中級編

したっけ

「それでは」「そうしたら」などの表す接続詞です。さらに、道産子は、この単語を「それじゃあ、さようなら」「バイバイ」の代わりに使います。ただ、別れを告げるというよりは、再会の予定がある時に使う印象です。

ですから、「したっけね!」と、別れ際に使うだけで「また会おうね」の思いも伝えられます。期待を持たせる感じで、キュンキュン度が上がるでしょう。

いずい

「違和感がある」という意味ですが、私はむず痒い時に使っていました。

「背中がなんかいずいよー」と、むずむずしながら、そしてちょっと恥ずかしがりながらいうと、色々な想像を掻き立てるかもしれません。

わや

関西地方ではポジティブな表現で使うところもあるようですが、北海道ではネガティブな単語。「めちゃくちゃ」「大変」などの意味で、私は「最悪」という状況の時に使っていました。

仕事中、手いっぱいで助けが欲しい時、「もーわやだわ!」と、軽いため息交じりにいえば、たくさんの手が差し伸べられることでしょう。

可愛い北海道弁・上級編

はっちゃぐ

北海道出身の母が、使っていた言葉。「はぎ取る」「外す」という意味らしいのですが、個人的に調べても、どこにも出ていませんでした。もしかしたら、母の故郷、北海道石狩郡 旧浜益村地域で使われてる、絶滅危惧方言かもしれません。

好きな人へ料理を作っているとき、手伝いにきた相手に、「そのお鍋の蓋はっちゃげて!」と自然な感じでいってみましょう。頑張る私&方言可愛いをダブルでアピールできます。

まとめ

今回ご紹介した方言の意味や使用方法は、私の北海道生活に基づいた個人の見解です。多少、地方差や一般的な解釈と異なる場合がありますのでご理解ください。

でも、北海道に来た時、道産子との会話などで不意に使えば、盛り上がるはず!ぜひ試してみてください。

八木志芳(やぎ しほ)

大学卒業後、IT企業・レコード会社を経て、福島県のラジオ局にてアナウンサー・ディレクターとしてのキャリアをスタート。2017年11月にフリーのラジオパーソナリティー・ナレーターとなり、同時にライターとしての活動も始める。アナウンサー・ライターとしてこれまでにインタビューしてきた人数は500人以上。F.Factory Japan所属。Twitter:@ShihoYagi

Share Tweet LINE コメント

page
top