grape [グレイプ]

世界フィギュア、2位に終わった羽生結弦 皇帝プルシェンコのメッセージに涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

フィギュアスケートの世界選手権が、2019年3月24日に最終日を迎えました。

今大会が故障からの復帰戦となった羽生結弦選手は、優勝を逃したものの結果は2位。復帰戦としては十分な結果ではないでしょうか。

しかし、当の羽生選手は「負けは死も同然だと思っている」と、世界選手権の結果に悔しさを隠そうとはしませんでした。

羽生結弦が憧れてやまないプルシェンコからメッセージ

羽生選手が、フィギュアスケート界の『皇帝』こと、エフゲニー・プルシェンコ氏を敬愛していることは、ファンの間では知られた話。

そのリスペクトぶりは、2018-2019シーズンに行われた羽生選手の演目の1つ『Origin(オリジン)』からも伝わってきます。

名前こそ違うものの、この演目はプルシェンコ氏の2003-2004シーズンの演目『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジしたもの。

当時のプルシェンコ氏と同じく、黒とゴールドを基調にした衣装に身を包んだ羽生選手は、気迫あふれる演技で会場に集まった約2万人の観客を魅了しました。

大会終了後、プルシェンコ氏は自身のInstagramを通して羽生選手に激励のメッセージを送っています。

親愛なるユズ(羽生選手の愛称)、君はあらゆる困難を乗り越え、この大会で素晴らしい演技を披露した。ここまでの道のりは決して容易なものではなかっただろう。僕の中では、君が1番だ。

plushenkoofficial ーより引用(和訳)

世界クラスのフィギュアスケーター同士の心温まるふれあいに、こちらの胸まで熱くなります。プルシェンコ氏の思いは、羽生選手に届いていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
plushenkoofficial

Share Tweet LINE コメント

page
top