grape [グレイプ]

40代女性 『泣きたい日』の頑張り方

By - 吉元 由美  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

泣きたい日の頑張り方

新刊「40代『泣きたい日』の頑張り方」(三笠書房)を上梓しました。タイトルでは年代が限定されていますが、多くの年代の女性たちの生きやすさのヒントになれば幸いです。 

女性には、明らかなライフサイクルがあります。女性の成長は、出産へ向けて身体を創っていくプロセスです。命を迎え入れる準備が整った20代、30代、女性にとって人生の大きな選択の時期です。そしてこの頃から自分の生き方を問い直す、多くの人が、この中年期特有の心理的な危機、ミッドライフ・クライシスを体験するでしょう。

(私の人生、このままでいいのだろうか)

30代、私もずっと自分に問い続け、自分の中にある「答え」を探し続けました。「40代『泣きたい日』の頑張り方」と通して、もっと心を解き放して生きていいこと、悩むことも悲しむことも、孤独も受け入れていくことで人生は豊かになる…私自身の体験を踏まえて多くの女性たちに伝えたいと思っています。

40代は、とても大変な年代です。人それぞれの立場がありますが、子どものこと、夫との関係、親のこと。仕事をしていれば、責任のある役職に就く年代。ライフサイクルについて決めなければならない時期を迎えます。子どもを産むか産まないかというテーマは、男性が想像する以上に切実です。

私の40代はちょうど子どもが幼稚園から中学に上がるくらいの年齢、仕事も忙しく、実家の両親のサポートなどもあり、嵐のように過ぎ去っていきました。自分のことは後回し、あまり記憶にないのです。この10年間だけ、早回しで過ぎてしまった感があります。

それでも女性の40代が輝いていると思えるのは、パワフルで、若い頃にはなかった自信があること。私世代より上の日本人の男性は、より若い女性に魅力を感じる傾向があります。そんな男性からすれば、40代は明らかに「おばさん」でしょう。

しかし、いまの40代の女性たちは、そのような価値観に意味がないことを知っています。男性の目を気にして生きることの愚かさも知っています。大変なことも、惑うことも多い年代かもしれませんが、自分を輝かせることを意識している多くの女性たちがいます。欧米に比べると、女性がキャリアを積みながら働き続けること、子育てをしながら働き続けることのハードルはまだまだ高いかもしれません。しかし女性たちは逆にそれをバネにして生きているのを感じます。そういう意味で、女性の意識の進化はめざましく、頼もしく思うのです。

専業主婦で子育てをすることの尊さ。家族を健やかにまとめていくことの難しさ。いろいろなライフスタイルの場面に、女性たちが輝く場があるのです。

いま、嵐のように過ぎた40代を振り返り、後悔することはありません。でも、ひとつ挙げるとすると、弱い自分もいたことを意識できたらよかった、ということ。そんな「泣きたかった日」に寄り添うような言葉を新刊の中で綴りました。頑張っている多くの女性の心の糧になることを願っています。


[文・構成/吉元由美]

吉元由美

作詞家、作家。作詞家生活30年で1000曲の詞を書く。これまでに杏里、田原俊彦、松田聖子、中山美穂、山本達彦、石丸幹二加山雄三など多くのアーティストの作品を手掛ける。平原綾香の『Jupiter』はミリオンヒットとなる。現在は「魂が喜ぶように生きよう」をテーマに、「吉元由美のLIFE ARTIST ACADEMY」プロジェクトを発信。
吉元由美オフィシャルサイト
吉元由美Facebookページ
単行本「大人の結婚」

Share Tweet LINE コメント

page
top