grape [グレイプ]

『吉本興業の会見』に近藤春菜が本音 ネットでは「勇気ある」「本当それ」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年6月に発覚した、吉本興業に所属する複数名のタレントの『闇営業問題』。反社会的勢力が主催する会合に出席したとして、『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんや、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さんなどが謹慎処分を受けていました。

同年7月20日に、宮迫さんと田村亮さんは緊急の記者会見を開き、自らの行いを謝罪。その際に、吉本興業の岡本昭彦社長から「会見をするなら全員クビにする」といわれたことを明かします。

世間に衝撃が広がる中、同月22日には岡本社長が緊急会見を行い、「2人にはああいう会見をさせてしまい申し訳なかった」と謝罪したうえで、宮迫さんたちに対する発言は「場を和ませるための冗談だった」と主張しました。

近藤春菜「希望が1つも見えなくて」

同月23日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、一連の騒動について特集。

番組でMCを務める近藤春菜さんは、吉本興業に所属するタレントとして、次のような思いを明かしました。

もう私も(会見を)見ていて、気持ちがいろいろジェットコースターのように変わったというか。とにかく不安にもなりましたし、憤りも感じましたし、悲しさも感じましたし、私たちが声を上げたことがなんにも響いてないんだってこともありましたし。

もう、なんかこう、希望が1つも見えなくて。まあ社長としては「今後芸人と向き合って話していきます」っていってましたけど、記者の質問に対しても、1つもこう的を射た答えが返ってこない。

そういう会話もちゃんとできない中で、じゃあ6千人いる芸人と、どうやって向き合って話していくのよ、そういった不安も抱きましたし、社員も不安になったと思います。

話していて、冗談だよっていわれたら「えっなんなの?」って。冗談ですまされること?っていうか、こっちは、芸人側は冗談を真面目に和ませることを仕事にしてやってきているわけですよ。

スッキリ ーより引用

近藤さんの言葉に対し、同じくMCを務める加藤浩次さんも「宮迫さんたちは冗談のプロ。素人の冗談に、プロが気付かないわけがない」と同調します。

続けて、近藤さんは社長の「冗談だった」という発言についてこう語りました。

だからもうその時点で、「冗談じゃないですよ」って私は思うし、あの会見の場で(冗談だと)いいのけてしまうところ。でも、岡本社長も「冗談って難しいな」と実感されたと思うんですよ。冗談で和ませて、人を楽しませている会社、芸人がいる会社のトップにいる中で、自分を棚に上げるわけじゃないですけど、真面目に冗談をやって、楽しませてお金を生むって本当に大変なことだと、あれを冗談というなら感じてもらえたと思うんで。

その芸人に対する評価というものをちゃんとしていただきたいですし。

スッキリ ーより引用

さらに近藤さんは、コンビを組む『ハリセンボン』の相方である箕輪はるかさんと、今後のことを相談し合ったことも告白。

昨日は(相方の)はるかとも、仕事の合間に会見を見ていたんで。「本当にこれからどうしようか」って、不安から「これからのことを話さなきゃいけないね」って。いま、自分たちもレギュラー番組やらせていただいたりとか、現場で本当に頑張ってくれてるマネージャーさんとの関係、絆もあったり、現場はそうなんですよ。

見てるかたでね、「そんなにいうんだったら簡単に辞めろよ」って思われるかたもいらっしゃるかもしれないけど、やっぱり私たちの中にも複雑な、いろんなことがあって。

じゃあ例えば、私たちが、分かんないですけど、5千9百人の芸人が辞めるってなった時に、でも「劇場とかだけでやっている芸人たちはじゃあどうなっていくの?」とか思うと不安だったり、でもここで頑張っていこうって思っても、でもトップがこうならちゃんと進んでいけないんじゃないかと思ったり。

とにかく昨日の会見では、不安しかなかったです。

スッキリ ーより引用

自分たちの今後についても、コンビ間で話し合う意向を示した近藤さん。ネット上では、次のような声が上がっています。

・近藤さんの意見は、ド正論だと思う。

・自分の所属する会社にここまでいうことは、すごい勇気が必要だったと思う。

・ありがとう、春菜ちゃん!視聴者が思っていることをそのまま代弁してくれた感じがする。

近藤さんを含め、吉本興業に所属するタレントたちの中には、不安を感じている人が多いことでしょう。

タレントたちの不安やわだかまりが解消されるには、岡本社長を始めとする吉本興業の社員たちとの間に、『ウソ』のない真実の話し合いが必要だといえます。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top