grape [グレイプ]

ゲイリー・オールドマンの配偶者って誰?  『チャーチル』役では特殊メイクに日本人を指名!!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍しているゲイリー・オールドマン。高い演技力と整った容姿で、男女問わず多くの人から支持されています。

そんなゲイリー・オールドマンの映画や配偶者といったさまざまな情報をご紹介します!

ゲイリー・オールドマンは『レオン』に出演していた

ゲイリー・オールドマンは、溶接工の息子としてロンドンで生まれました。その後ローズブルフォード演劇学校に奨学金で入学しています。

1979年には舞台デビューし、俳優としてのキャリアをスタートさせています。そんなゲイリー・オールドマンが、一躍有名となった作品は1986年公開の映画『シド・アンド・ナンシー』。彼が初めて出演した映画作品です。

同作は伝説のロックバンド『セックス・ピストルズ』のメンバーで若くして亡くなったボーカル、シド・ヴィシャスの半生を描いた作品。ゲイリー・オールドマンはエキセントリックなシド・ヴィシャスを演じて、高い評価を得ました。

さらに、ジャン・レノとナタリー・ポートマンが出演して有名となった映画『レオン』では、麻薬捜査官役として脇を固めています。

『レオン』の監督、リュック・ベッソン作品では、ほかに『フィフス・エレメント』にも出演しています。

また、映画『スカーレット・レター』や『不滅の恋/ベートーヴェン』など、ヒット作品に多数出演しています。

ゲイリー・オールドマンの映画4選!

ゲイリー・オールドマンの出演映画の中でも特に人気が高いといわれる作品が、『ハンニバル』『ハリー・ポッター』シリーズ、そして『ダークナイト』シリーズ、主演の『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でしょう。

『ハンニバル』では大富豪に

『ハンニバル』でゲイリー・オールドマンはメイスン・ヴァージャー役を演じました。同作はアカデミー賞5部門受賞、社会現象にもなったヒット作『羊たちの沈黙』の続編です。

『ダークナイト』では警部補役に

『ダークナイト』ではゴードン警部補を演じました。こちらも『ハンニバル』に続き、陰惨な雰囲気の作品です。バットマンに敵対する悪役ジョーカーを務めたヒース・レジャーの鬼気迫る演技が話題となりました。

『ハリー・ポッター』ではシリウス・ブラック役

『ハンニバル』『ダークナイト』とは打って変わって魔法が出てくる映画が『ハリー・ポッター』シリーズです。ゲイリー・オールドマンが演じるのはシリウス・ブラック。

シリウス・ブラックはハリー・ポッターの名付け親です。シリーズを通して重要なキャラクターで、ゲイリー・オールドマンの高い演技力がよい結果を生みました。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞獲得!

2017年の映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で、ゲイリー・オールドマンは『アカデミー賞』主演男優賞に輝きました。

同作では、特殊メイクを担当した辻一弘さんが、日本人で初めて『アカデミー賞』メイク・ヘアスタイリング賞を受賞しています。辻一弘さんがメイクを担当するに至った経緯は、ゲイリー・オールドマンが熱望したためなのだとか。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の公式ツイッターでは、ゲイリー・オールドマンが今まで演じてきた役柄のアニメーション画像が投稿されました。

ゲイリー・オールドマンの配偶者はジゼル・シュミット

渋くて端正な容姿のゲイリー・オールドマンは、女性関係も華やか。2017年には、学芸員のジゼル・シュミットと5回目の結婚に踏み切りました。

※写真はイメージ

ゲイリー・オールドマンが最初に結婚した相手は俳優のレスリー・マンヴィルです。2人目の結婚相手は、映画『キル・ビル』シリーズで知られる俳優のユマ・サーマン。

ユマ・サーマンと離婚後は、写真家のドーニャ・フィオレンティーノと結婚し、2人の息子にめぐまれました。

4人目の妻となった歌手のアレキサンドラ・エデンボローとは2008年に結婚したものの、2015年には離婚。

これまで離婚と結婚を何度も繰り返してきたゲイリー・オールドマンだからこそ、5人目の妻であるジゼル・シュミットとの行き先が「気になる」という意見も目立ちます。

ゲイリー・オールドマンの現在・これから

ゲイリー・オールドマンは2019年日本公開の映画『ハンターキラー 潜航せよ』に出演しました。同作は名作『レッド・オクトーバーを追え』を思わせる軍用潜水艦がテーマ。

ゲイリー・オールドマンはチャールズ・ドネガン統合参謀本部議長を演じます。

ハンターキラー 潜航せよ あらすじ

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。
未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は、一隻の潜水艦に託された――。

映画『ハンターキラー 潜航せよ』公式サイト ーより引用

『ハンターキラー 潜航せよ』予告編

また、ゲイリー・オールドマンは2019年夏公開の映画『キラーズ・セッション』で主役を務めました。

『キラーズ・セッション』あらすじ

殺人依存症者たちによるグループセッション、通称「キラー・アノニマス」。参加者たちは全員殺人者で、自分の殺人衝動や体験をグループ内で共有することによって犯罪を抑制するため極秘裏に開催されていた。 ある夜、セッション中に、アメリカ上院議員とその暗殺者が殺された事件に、グループのメンバーがかかわっているのではないかという疑惑が持ち上がる。メンバーたちは互いに誰も信用できない状況に陥り、衝撃的な秘密が露呈し、裏切りと暴力の連鎖が始まる。そして「キラー・アノニマス」の本当の目的が明かされる…。

キラーズ・セッション公式ページ ーより引用

映画『キラーズ・セッション』予告編

ゲイリー・オールドマンは下積み時代を経て個性派俳優からアカデミー賞主演男優賞にまで登り詰めました。演技力は年を重ねるごとに上がるばかりでしょう。これからのゲイリー・オールドマンに期待が集まっています。

ゲイリー・オールドマン プロフィール

本名:Gary Leonard Oldman
生年月日:1958年3月21日
出身地:イギリス、ロンドン市ニュークロス

ロンドンで溶接工の息子として生まれる。奨学金でローズブルフォード演劇学校に入り、1979年に舞台でデビュー。映画デビュー作品は1986年公開の『シド・アンド・ナンシー』だった。映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞主演男優賞受賞。私生活では、5回結婚している。


[文・構成/grape編集部]

出典
レオン オリジナル版(字幕版)ハンニバル(字幕版)ダークナイト(吹き替え)ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (吹き替え)ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (字幕版) - 予告編@churchill_movie映画『ハンターキラー 潜航せよ』公式サイト【公式】『ハンターキラー 潜航せよ』4.12(金)公開/予告編株式会社ハーク |映画『キラーズ・セッション』予告編

Share Tweet LINE コメント

page
top