grape [グレイプ]

『マスク警察』に文句をいわれた立川志らく すると、情報番組で?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の事態終息前に迎える、2020年の夏。

マスクを着用していると熱が逃げず、体温が上昇し体調を崩す可能性があることから、人が密集していない場所や対話がない時などは、マスクを外すことが推奨されています。

しかし、『マスク警察』と呼ばれる、マスク未着用をとがめる人たちの目を気にして、マスクを外せない人も。

『マスク警察』が立川志らくに文句を送りつける

情報番組『グッとラック!』(TBS系)では、2020年6月29日に3回目となる『マスク警察』特集を放送。

実例や賛否の声を紹介した後、出演者である落語家の立川志らくさんが、次のように語りました。

みんなイライラしてるんでしょうね。

私は、『マスク警察』を非難したらば、「マスクを外すことを容認するのか」と。

『マスク警察』は私のTwitterに文句をいいに来ました。

グッとラック! ーより引用

文句をいわれたという立川さんは、『マスク警察』の問題点をこのように指摘しています。

私はマスクを外すことを容認したわけではない!

マスクは人がいっぱいいるとこではしなくちゃいけないんだけど、ずーっとしなくちゃいけないわけじゃないと。

人がいないところでは、暑ければ外して歩いてりゃいいんだしね。

そういってんのに、ただマスク警察の人はね、マスクしていない人は全部悪だと決めつけるんです。

ものすごいそこが単純なんですね。

グッとラック! ーより引用

『マスク警察』に絡まれた人の中には、「車に1人で乗っている時に、突然ドアを叩かれマスク未着用を注意された」「非対面で荷物を配達した時にマスクを外していたら、通行人に怒られた」など、理不尽な体験をした人も。

マスクは飛沫(ひまつ)の拡散を防ぎ、近くの人へのコロナウイルス感染を防止するもの。そのため、状況に合わせて着脱してもいいはずです。

また、人によっては病気などの理由からマスクを着けられない場合もあります。

『マスクをしていない人は全部悪』と決めつける前に、さまざまな可能性を留意し、本当の意味で他人を思いやれる人になってほしいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
グッとラック!

Share Tweet LINE コメント

page
top