grape [グレイプ]

誹謗中傷に対する、長崎県の取り組みに称賛! 「全国に広がってほしい」などの声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

全国で、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)に感染した人やその家族、また、コロナウイルスに立ち向かう医療従事者などへの誹謗中傷が相次いでいます。

2020年8月26日、長崎県はコロナウイルスに関する誹謗中傷を受けた被害者のため、『新型コロナウイルス感染症関連人権相談窓口』を開設しました。

長崎県、30万円を限度に法的措置を支援

長崎県のウェブサイトによると、相談窓口では誹謗中傷に関する解決に向けたアドバイスをするほか、法的措置をとる際、30万円を限度に県が被害者を支援するとのことです。

相談員が、解決に向けたアドバイスや、内容に応じて関係機関等へ対応を依頼します。

誹謗中傷等への法的措置など法律相談を希望される方には、弁護士による相談も受けられます。

(1案件につき5万円まで相談料無料)

※単価:30分 5千円

さらに、SNSなどインターネット上での誹謗中傷等の投稿の削除や必要な調査(投稿者情報の開示請求等)を弁護士に依頼された場合、その経費の1/2(30万円を限度)を県が支援します。

※インターネット以外の誹謗中傷等も対象に含みます。

長崎県庁ホームページ ーより引用

ネットパトロールも実施!悪質な投稿を県で保存

長崎県によると、担当職員がネットパトロールも実施しているとのこと。

悪質と思われる投稿を発見次第、県の担当職員が投稿の画像を保存しています。

誹謗中傷に関する投稿の削除依頼をする際や、訴訟を起こす場合、該当する画像を県で保存できていれば、被害者に提供するとのこと。

ただ、県庁ですべての誹謗中傷についての投稿を発見できるわけではないので、「ご自身でも被害対策として、書き込みの画像保存や電話の録音、張り紙の保存などをしておきましょう」と呼びかけています。

誹謗中傷に対し、長崎県からのお願い

長崎県は、コロナウイルス感染者へ誹謗中傷をする人に対し、このように訴えました。

【長崎県からのお願い】

感染者や医療従事者そのご家族の方などへの誹謗中傷等は、感染された方が行動歴を隠したりすることを助長し、さらなる感染拡大を招いてしまいます。

また、医療体制の崩壊にもつながりかねません。

お互いを思いやる心を持って、冷静な行動をお願いします。

長崎県庁ホームページ ーより引用

長崎県の取り組みには、たくさんの称賛の声が上がっています。

・窓口ができてよかった。私の住んでいる地域では感染した家族が、誹謗中傷によって引越しせざるを得ない事態に。もっと早くからこの窓口があってもよかったと思う。

・素晴らしい取り組みだ。いい仕事をするね、長崎県。全国で実施してほしい。

・誹謗中傷相談窓口が開設されざるを得ないほど、悩まされている人が多いんだろうね…。相談窓口が抑止力になるといいな。

長崎県が呼びかけているように、お互いを思いやる気持ちを忘れずに、冷静な行動を心掛けてほしいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
長崎県庁ホームページ

Share Tweet LINE コメント

page
top