grape [グレイプ]

コロナ禍で変化する日本に、石田ゆり子が持論 ネットで「本当にその通り」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年1月以降、世界中で流行している新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

外出先でのマスク着用や、手洗いや消毒の徹底、『三密(密閉・密集・密接)』を避けるなど、全国各地で新しい生活様式が取り入れられています。

同年9月3日に、俳優の石田ゆり子さんがInstagramを更新。

コロナウイルスによって変化した日常に順応する一方で、抱いている想いを明かしました。

新しい生活習慣と言われる日々を生きていて、わかっちゃいるけど閉塞感、圧迫感、ときにはギスギスした空気も感じます。

2020。ここから先どんな風になっていくのかわかりませんがとにかく気をつけたいのは自律神経を病まないようにすることのような気がします。

焦らずにじっくり足を地面につけて地道にいくしかないのでしょう。

yuriyuri1003 ーより引用

石田さんは、自律神経の乱れが引き起こす心身の不調について触れ、気を付けるよう注意をうながします。

そのうえで「どうなっていくか分からないからこそ、今は焦らず地道にいくしかない」と呼びかけました。

【ネットの声】

・確かに…。立ち止まって考える時間は大切ですね。

・ありがとうございます。ここのところ不安感に襲われていたので、ゆっくり深呼吸をしようと思いました。

・私もギスギスした雰囲気に疲れていました。自分だけじゃないと分かって安心しました。

コメントの中には「マスクで人の表情が分かりづらく、心の距離も感じやすいから余計につらい」といった声も。

コロナウイルスによる生活の変化に、少しずつ慣れてきた人も多いでしょう。

しかし、慣れてきたからといって平気なわけではありません。思い通りにいかない状況に不満を感じ、ぶつけようのないいら立ちを覚えることもあります。

時には立ち止まって深呼吸をしながら、無理のない形で少しずつ前に進んでいきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
yuriyuri1003

Share Tweet LINE コメント

page
top