grape [グレイプ] entertainment

紅白で司会を務めた大泉洋「今この時も…」 続く言葉に、涙する人が続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月31日に放送された音楽番組『第71回NHK紅白歌合戦(以下、紅白)』(NHK)。

総合司会の内村光良(うちむら・てるよし)さんを中心に、白組の司会を俳優の大泉洋さん、赤組の司会を俳優の二階堂ふみさんが務めました。

例年と異なり、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の影響を受けて、無観客での開催となった紅白。

明るいテンションで笑いを交えたトークを展開する大泉さんと、ツッコミを入れる内村さん、落ち着いて進行を務める二階堂さんの3人で場を盛り上げていました。

大泉洋「どんな時も絆はつながっています」

番組が終盤に差しかかり、シンガーソングライターの福山雅治さんが、結婚式の定番曲ともなっているヒットソング『家族になろうよ』を披露しようとした際のこと。

福山さんが歌う直前に、大泉さんは次のような言葉を述べました。

人と人とが離れなくてはいけなくなった今年。家族も例外ではありませんでした。

今この時も、独りで紅白をご覧になっている人もたくさんいると思います。

でも、どんな時も絆はつながっています。テレビの前のみなさんも、あなたの大切な人を思い浮かべながら聴いてください。

第71回NHK紅白歌合戦 ーより引用

家族とテレビ番組を見ていた人もいれば、コロナウイルスの感染拡大を懸念し、単身で過ごした人もいるでしょう。

また、例年になく忙しく、家族のもとに帰れないまま年を迎えた医療従事者もいたはずです。

さまざまな立場の人を思いやる大泉さんのコメントに、ネット上では反響が上がりました。

・泣いた。この1年、ずっと遠方の家族を心配して、今も1人で紅白を見ていたから…。

・今年は帰省できなかったので、大泉さんの言葉が身にしみた。ありがとう。

・初めて1人の年越しをしてさびしかったけど「自分だけじゃない」と思えて、心が温かくなった。

コロナウイルスの流行を受けて、気軽に人と会うことができなくなった日々を思い出し、胸がいっぱいになった人は多かったようです。

2021年は、引き続き『ウィズコロナ』を意識した生活を余儀なくされますが、決して1人ではありません。

新しい形でつながりあっていくことを、諦めずにいたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
第71回NHK紅白歌合戦

Share Tweet LINE コメント

page
top