grape [グレイプ]

クリスマスツリーから、作業員が偶然見つけたのは? 「なんて可愛い」「無事でよかった」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

アメリカ・ニューヨークで、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーから『ある動物』が見つかり話題になっています。

ロックフェラーセンターのツリーといえば、世界最大級の大きさを誇り、毎年クリスマスシーズンの観光スポットにもなるほど人気です。

その有名なツリーの中に、隠れていたのは…。

両手に収まるほどの、小さなフクロウ…!

アメリカのメディア『ABC News』はこのフクロウが見つかった経緯について、次のように報じています。

ニューヨーク州ソーガティーズにあるレイヴンズビアード野生生物センターは、月曜日の朝、ロックフェラーセンターのツリーの輸送と設置をする会社で働く女性の妻から、「夫がフクロウを見つけた」という電話を受けた。

先週ニューヨーク州オニオンタで伐採された75フィート(およそ23m)のツリーは、巨大なトレーラーに積み込まれた後、『羽毛のある密航者』とともにマンハッタンまでの170マイル(およそ274㎞)の旅をしてきた。

ABC News ーより引用(和訳)

木に止まって休んでいたはずが、まさか大都会に連れていかれることになるとは、フクロウもさぞかしびっくりしたことでしょう。

野生生物センターの話によると、トレーラーの中で3日ほど何も口にしないまま旅をしていたようです。

ネット上では、このニュースに多くのコメントが寄せられています。

・びっくりしてる表情がかわいい。

・怖くて固まってたんだろな…。無事に保護されてよかったです。

・見つけた人も驚いただろうな。それにしてもかわいい。

フクロウは『ロックフェラー』と名付けられ、食べ物や飲み物を与えられたとのこと。健康状態も良好だといいます。

クリスマスまでには、森に帰れるといいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
ABC News@ABC

Share Tweet LINE コメント

page
top