grape [グレイプ] entertainment

営業を続ける店に『脅迫文』 対する、田中卓志のコメントに「本当にそれ」「その通り」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月18日、情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)による時短営業について特集しました。

東京都は2021年1月11日まで、酒類を提供する飲食店やカラオケ店の営業を、午後10時までに短縮するよう要請。

都の要請に従い、時短営業を行う店舗には『感染拡大防止協力金』として、40万円が支給されます。

同番組では、都の要請に対し、「経営がひっ迫しているため応じられない」という店の声を紹介しました。

紹介された店の店主によると、時短営業に応じないため、匿名の人から3枚の脅迫文が届いたのだとか。

その内容はこのようなものだったといいます。

・40万円は税金です。もらえるだけでもありがたいと思うべき。店内の様子を見たが、大きい声で話しすぎ。小遣いをやっているわけではない。もっと謙虚になるべき。

・死ぬのと40万円もらうのどっちがいい?

・22時まで営業できて40万円もらえる。ありがたいと思え!

店主は脅迫文に対し「すごくさびしい」「書いた人の気持ちも分かるけれど、店側も生きるのに必死ということを理解してほしい」とコメントしました。

この騒動について、同番組に出演していた、お笑いコンビ『アンガールズ』の田中卓志さんはこのようにコメントしています。

やっぱり、東京って家賃も高いですし。

時短ていっても、かかる家賃とか高いから。

潰れそうな店に、時短要請とか無理だと思うんですよ。

潰れる状況であれば、もう営業をせざるを得ないので…。

だから、協力できるお店だけが時短要請に応じるしかないですよね。

バイキングMORE ーより引用

さらに、脅迫文について「脅迫文を出すとか、最低の行為」と締めくくりました。

同番組のMCを務める、タレントの坂上忍さんも「あれは本当にだめ」と嫌悪感をあらわにしています。

視聴者からはさまざまな声が上がりました。

・冗談半分だったとしても、脅迫文を送るなんてだめだよ。

・わざわざ脅迫文を送るなんて、酷い。どうかしているとしかいえません。

・脅迫文を出した人は、心がすさんでるのかな。相手の立場を考えずに正義を押し付けるのはよくない。

特定の人物に対し、脅迫文を送ることは犯罪です。

また、コロナウイルスで苦しんでいる時に、このような言葉を浴びせられた店主は深く傷付いたことでしょう。

こういった心ない行為をする人がいなくなることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
バイキングMORE

Share Tweet LINE コメント

page
top