grape [グレイプ]

「ウイルスよりも怖いものは…」 客から言葉の攻撃を受け続けた店員が気づいたこととは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家であり、レジ打ちの仕事もしている狸谷(@akatsuki405)さん。店でのエピソードなどを中心に漫画を描いています。

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が世界的に流行し、多くの人がマスクを求めて店に殺到。

しかし、マスクは品薄で入荷していないことも多く、客からは店頭に並んでいないことに対してクレームが寄せられることもあるといいます。

『正直しんどい』

企業では在宅勤務など、コロナウイルスの予防としてさまざまな対策が取られています。

しかし、販売の接客業では在宅で働くことはできず、ピリピリしながら仕事しているとのこと。

狸谷さんは毎日、店舗の状況を漫画にし、反響が上がっています。

「マスクや除菌スプレーを店員たちが先に買い占めているんでしょ」など心ない言葉を毎日かけられる店員。

店員の心はもう限界に近づいていました。

それでも続く客からのクレームに、狸谷さんは「ウイルスよりも混乱した人間のほうが怖い」と思ったといいます。

【ネットの声】

・お疲れ様です。早く収束してほしい。

・酷い言葉で攻撃する客に腹が立ちますね。

・本当にパニックになっている人間が一番怖い。

店員も客と同じ人間です。心ない言葉をかけられれば傷付くことでしょう。

マスクなどが入荷していないのは、店員の問題ではなく全国的に品薄となっているから。

一人ひとりが冷静になり、これ以上客からの言葉で傷付く店員が減ることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
@akatsuki405

Share Tweet LINE コメント

page
top