grape [グレイプ]

57歳を迎えられた皇后陛下 コロナ禍に苦しむ人々への『お言葉』に反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年12月9日、57歳の誕生日を迎えられた皇后陛下。

宮内庁が公表した誕生日のご感想文では、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)に直面する国民への想いなどを述べられました。

国民一人ひとりが、かけがえのない存在

文書の中で皇后陛下は、世界中がコロナウイルスの災厄に見舞われた2020年を、「大変に心の痛む年」とご回想。

医療従事者に「心からの敬意と感謝の意」を表すとともに、国民が「力を合わせてこの試練を乗り越えていくこと」を願われました。

国民の皆様の現在の困難な状況を思うとき,国民のお一人お一人が,幸せであっていただきたいかけがえのない存在であるということを身にしみて感じます。

感染症の不安が渦巻く中,様々な面で自由が失われている日々の中で,多くのご苦労と努力を重ねてこられたものとお察しいたします。

(中略)

現在のこの状況の中で自分たちに何ができるかを考え,行動しようとする,若い人たちも含む多くの方の新しい試みや取組を目にするとき,勇気付けられ,心温まるとともに,人と人との絆の大切さを強く感じます。

困難な状況に直面する人々を支え,力を尽くしている全ての方に深い敬意と感謝の意を表したいと思います。

宮内庁 ーより引用

天皇陛下とともに感染症の専門家や障害者団体、貧困問題に取り組む団体などの代表から説明を受けてきた皇后陛下。

その中で感じたのは、「異常事態でも助け合う心を忘れない、人と人との絆の大切さ」だったといいます。

また、コロナウイルス感染者や重症者が増加している現状にも言及されています。

現在,新型コロナウイルス感染症の感染者や重症の方が再び増えてきており,予断を許さない状況が続いています。ワクチンの開発が進み,この感染症の克服に少し光が見えてきているようにも感じますが,一朝一夕に克服できるものかどうか分からないことも多いと思われます。

このような中にあって,今後,私たち皆が心を合わせ,お互いへの思いやりを忘れずに,困難に見舞われている人々に手を差し伸べつつ,力を合わせてこの試練を乗り越えていくことができますよう,心から願っております。

宮内庁 ーより引用

困難な状況下でも、「お互いの『思いやり』を忘れずに乗り越えていきたい」という強い意志を示されました。

【ネットの声】

・皇后陛下お誕生日おめでとうございます。国民思いのお心遣いに、とても感謝しております。

・先の見えない不安の中でも、皇后陛下のお言葉のように『相手への思いやり』を改めて大切にしたいと思いました。

・なんて温かいお言葉…。思わず目頭が熱くなりました。どうかお身体を大切に、笑顔でお過ごしください。

さまざまな不安が渦巻く中で、皇后陛下のお言葉は多くの人の心を照らしたようです。

今後も、体調を気遣いながら過ごしていただき、どうか健康に日々を過ごしていただきたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
宮内庁産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top