grape [グレイプ]

てんやのテイクアウトって待ち時間かかるの? たれの増減や天ぷらメニューは?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

てんやのテイクアウトって待ち時間かかるの? たれの増減や天ぷらメニューは?

さまざまな店舗でテイクアウトすることが、外食の楽しみ方の1つになっているコロナ禍の現代。

今では多くの店がテイクアウトを取り入れ、メニューを持ち帰ることができます。

そんな中から、今回はチェーン店『天丼てんや(以下、てんや)』でテイクアウトすることができる、天ぷらのメニューや待ち時間などをご紹介します。

てんやでテイクアウト 注文からの待ち時間はどれくらい? おいしい温め方は?

てんやでテイクアウト商品を注文するため、直接店舗に行った筆者。

テイクアウト用のカウンターがあったので、そこでテイクアウトメニューを注文します。

4品注文し、お会計を済ませて待っていると、10分ちょっとほどで商品が出てきました。

13時過ぎだったので、昼のピークは若干過ぎているかもしれませんが、かなり早い商品の提供でしょう。待ち時間は10分ほどなので、それほど待たされた感じはしませんでした。

てんやのテイクアウト:温め方は?

テイクアウトで家まで時間がかかる場合、食べる時には冷えていることもありますよね。

天ぷらですから、あたたかく食べたいと電子レンジで温める人も多いことでしょう。

てんやでテイクアウトした天ぷらを、よりおいしく食べられる温め方をご紹介します。

お弁当メニューを温める

天丼弁当など、お弁当系のメニューを温める場合は、電子レンジ対応容器を使用しているそうなので、上フタをずらしてそのまま温めることが可能です

筆者は念のため上フタを取りました。

温め時間の目安は、500wで1分30秒です

盛り合わせメニューを温める

天ぷら盛り合わせなどのメニューの容器は電子レンジに対応していないので、別の容器に移します

まず、500wで約2分温めましょう

その後、衣をサクッとした食感にするために、200度くらいのオーブンで1分加熱。衣の水分が飛んで多少カリッとします。

てんやでテイクアウト 天ぷらに天つゆは付く? たれの増減やメニュー一覧

今回、テイクアウトしてきたのは『天丼弁当』『オールスター天丼弁当』『華味鳥天丼弁当』『野菜天盛り合わせ』の4種類。

それぞれどのような具材が入っているのかや味をご紹介します。

※季節限定のメニューは入っていません。
※ご飯はすべて並盛の料金です。

お弁当

天丼や野菜天丼、海老穴子天丼などの弁当が選べるメニューです。

料金は変わりますがすべてのメニューで、『小盛』『並盛』『大盛』『特盛』のサイズを選ぶことができます。

また、たれの増減は無料で選ぶことが可能。普通よりも濃い味で食べたい人は、注文の際に「たれを多めで」と注文するといいでしょう。

天丼弁当 500円

てんやで一番スタンダードな商品が、こちらの天丼弁当。

ご飯の上に、『海老・いか・白身魚(きす)または赤魚・かぼちゃ・いんげん』が入っています。

これだけ入っていて、並盛は税込み500円。かなりコスパはいいでしょう。

食べ応えはありますが、カロリーも並盛で716キロカロリーと高いので、気を付けたほうがよさそうです。

オールスター天丼弁当 740円

天丼弁当の具材を贅沢にグレードアップしたのが、こちらのオールスター天丼弁当。

『海老・いか・ほたて・サーモン・まいたけ・いんげん』が入っています。

モッチリと歯ごたえのあるほたてや、天ぷらとしては珍しいサーモン、香り高いマイタケなど、満足のいく品ぞろえ。ただ、具材の量は天丼弁当とそれほど変わりはないように思えました。

カロリーも827キロカロリーと、天丼弁当とそれほど違いはありません

ちなみに、天丼弁当はたれの量が普通、オールスター天丼弁当はたれ多めで注文しています。

左がオールスター天丼弁当、右が天丼弁当

見た目的にはどちらも変わりませんが、食べ進めていくとたれを多めにしたオールスター天丼弁当はご飯の下のほうにもたれがたまっており、最後までたれの味を楽しめました

あまり味を濃くしたくない人は、タレを少なめにしてほしいと注文するといいかもしれません。

華味鳥天丼弁当 680円

人気の鶏天丼が定番メニューで復活したのが、華味鳥(はなみどり)天丼弁当です。

『鶏天が3枚・つくね・いんげん』が入っています。海鮮ものが苦手な人でも安心して食べられる天丼です。

鶏天は柔らかくおいしいのですが、味はとてもタンパク。筆者的にはたれを多めにかけてもらったほうが、おいしく食べられると思いました

ただ、味はタンパクとはいえ、カロリーは930キロカロリー。天丼よりも高いのは驚きです。

60円で半熟卵を付けることもできます。卵でよりマイルドな味わいになりますよ。

お弁当 メニュー

・野菜天丼弁当 550円
・上天丼弁当 650円
・海老穴子天丼弁当 940円

盛り合わせ

ご飯はいらず、天ぷらだけを食べたい時に便利なのが、『盛り合わせ』メニューです。

天丼のたれとは違い、天つゆが付いてくるので、同じメニューでも違った味わいが楽しめます。

野菜天盛り合わせ 440円

『まいたけ・さつまいも・れんこん・なす・かぼちゃ・いんげん』の6種類の野菜が入っている盛り合わせ。

野菜だけとはいえ、天ぷらがこの価格で食べられるのは嬉しいところです。

天丼のたれはかかっていませんが、天つゆが付いてきます

天つゆは出汁がよく効いていますが味は濃くなく、素材の味を楽しめるでしょう

また、天丼のようにたれをかけていないので、多少は天ぷらのさっくり感を味わうこともできます。

天ぷらとはいえ、野菜のみなのでカロリーは404キロカロリーと低めです。カロリーが気になる人に、おすすめのメニューといえるでしょう。

盛り合わせ メニュー

・天ぷら盛り合わせ 430円
・お得天ぷら盛り合わせ 840円
・オールスター天盛り合わせ 970円

追加天ぷら

もう1つ、何か天ぷらを追加したい!という時に便利なのが、追加天ぷらです。

穴子や海老など、好きな天ぷらを単品で追加することができます。

なお、白身魚と赤魚は一部の店舗では扱ってないようです

追加天ぷら メニュー

・穴子 300円
・海老 220円
・いか 100円
・サーモン 150円
・つくね 150円
・ほたて 130円
・華味鳥天 180円
・白身魚(きす) 100円
・赤魚 150円
・まいたけ 110円
・なす 80円
・れんこん 80円
・さつまいも 80円
・かぼちゃ 70円
・いんげん 70円

てんやのテイクアウトは電話でも可能!

前述した通り、今回、筆者は直接てんやに行って、テイクアウトのメニューを注文しました

若干、昼時は過ぎていたので、待ち時間はそれほどかかりませんでした。とはいえ、混雑時では注文してから商品が出てくるまで、時間がかかることもあるでしょう。

そういう時は、電話で店舗にテイクアウトメニューを注文しておくと、待ち時間を減らすことができるので便利です。

てんやの公式サイトには、テイクアウト用のメニューも載っているので、利用すると注文しやすいでしょう。

コロナ禍でもおいしいご飯をテイクアウトして、少しでも元気が出せるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
てんや 公式サイト

Share Tweet LINE コメント

page
top