grape [グレイプ]

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

安くておいしい定食を数多く扱っているチェーン店『大戸屋』。ランチ時にもなると多くの人でにぎわいます。

大抵の人は店内で飲食すると思いますが、実は大戸屋ではテイクアウトもおこなっているのです。

大戸屋でテイクアウトができるメニューや価格、お得なセットなどの情報をまとめてご紹介します。

※価格はすべて税込みです。

大戸屋でテイクアウトできるメニューは? お得なセットはどれ?

大戸屋では、麺類や土鍋など一部のメニューをのぞいて、テイクアウトすることが可能です。

名前に『弁当』が付いているメニューは、基本的にご飯がセットになっています。ご飯抜きでおかず単品を注文する場合は、一律で190円が値引きされます

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

また、ご飯は五穀米か白米かを選ぶことができ、サイズも普通盛りと大盛りの2つがあります。どちらも金額は変わらないので好みで選ぶといいでしょう。

さらに弁当には、ヒジキやきんぴらなど、ちょっとした付け合わせも付いてきます。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

大戸屋でテイクアウトできるメニュー:牛の弁当

ハンバーグなど、主に牛肉をメインにしたメニューを取りそろえている弁当です。

中でも大戸屋ミックス弁当は、牛肉だけでなく1つの弁当で多くの種類の味が楽しめます。

大戸屋ミックス弁当 1010円

大戸屋ミックス弁当は、ハンバーグ、から揚げ、魚のフライや目玉焼きなど、多くの味が楽しめる贅沢な弁当。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

メインのハンバーグは厚みもあり、大きく、それでいて柔らかい食感です。付属のソースをかけるとコクのある味を楽しむことができます。

から揚げなどはそれほど味付けがされていないので、付属のタルタルソースをかけましょう。

ハンバーグも大きく、おかずもたくさんあるので、たくさん食べられる人はご飯を大盛りにしておくことをおすすめします。

牛の弁当 メニュー

・プルコギ牛肉炒め弁当 910円
・黒酢ポン酢の和風おろしハンバーグ弁当 820円
・豆味噌デミソースのハンバーグ弁当 870円

大戸屋でテイクアウトできるメニュー:豚の弁当

とんかつや生姜焼きなど、スタンダードな豚肉料理がそろっている弁当。

700円台の弁当があるのも嬉しいところです。

おおとや三元豚のロースかつ弁当 910円

厚みのある大きなロースカツがメインの『おおとや三元豚のロースかつ弁当』は、税込み910円。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

テイクアウトだと「衣が柔らかくなってしまうのでは?」と心配していましたが、しばらく経ってから食べてもサクサクとした食感は損なわれていませんでした。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

肉のしまった部分と脂身のバランスもよく、脂の甘みも感じることができます。

さっぱりと食べたい時は、付属の大根おろしをかけて食べるのもいいでしょう。

豚の弁当 メニュー

・おおとや三元豚と野菜の黒酢あん弁当 880円
・豚の生姜焼き弁当 720円
・豚と野菜の塩麹炒め弁当 720円
・豚と野菜の豆鼓味噌炒め弁当 770円

大戸屋でテイクアウトできるメニュー:鶏の弁当

大戸屋のテイクアウトメニューの中で、最安値の『大戸屋ランチ弁当』など、手頃な価格帯の鶏の弁当。

淡白な鶏の味わいを楽しめますよ。

香味唐揚げ弁当 720円

さっぱりとした鶏の味わいに、風味豊かな香味料がふんだんに使われている香味唐揚げ弁当。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

付属の香味料をかけたり、レモンをかけたりすると、より一層あっさりとした鶏肉を味わうことができます。

食欲が落ちるような夏場の弁当にもってこいの一品といえるでしょう。

鶏の弁当 メニュー

・梅おろしチキンカツ弁当 720円
・鶏と野菜の黒酢あん弁当 820円
・炭火焼チキンの葱ソース弁当 720円
・大戸屋ランチ弁当 670円

大戸屋でテイクアウトできるメニュー:魚の弁当

サバやホッケなど、シンプルな炭火焼きから、香味豊かなネギソースを使用した魚料理が楽しめるメニュー。

朝食にもちょうどよい和食弁当です。

沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き弁当 910円

醤油だけでなく、麴漬けのまろやかなコクも味わえる、沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き弁当。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

脂の乗った厚みのある沖目鯛にご飯が進みます。付属の大根おろしをかけると、優しい麹の味わいにさっぱりとした辛味も加わり、よりおいしく食べられました。

さっぱりとしながら、コクのある味わいを楽しめるので朝食にもうってつけです。

魚の弁当 メニュー

・さばの竜田揚げ香味ねぎソース弁当 820円
・すけそう鱈と野菜の黒酢あん弁当 850円
・さばの炭火焼き弁当 770円
・しまほっけの炭火焼き弁当 910円
・さばの味噌煮弁当 820円

大戸屋でテイクアウトできるメニュー:総菜

外食で気になるのことの1つが栄養バランスでしょう。

そんな時に役立つのが総菜です。大戸屋ではさまざまな種類が用意されているので、1つ2つ買っておくと、足りない栄養素を補うことができますよ。

大戸屋の総菜セット 1200円

総菜の中で特におすすめなのが、こちらの大戸屋の総菜セット。おかずセットとも呼ばれている総菜です。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

5つの総菜を自由に組み合わせて選べて税込み1200円なので、かなりお得に多くの総菜を食べることができます。

選べるのは、『ポテトサラダ』『アカモク(海藻)』『ほうれん草の胡麻和え』『ひじきの煮物』『金平ごぼう』の中から2つの総菜。

さらに『ミニ野菜黒酢あん』『ミニ鶏の黒酢あん』『ミニすけそう鱈の黒酢あん』『ミニ豚の黒酢あん』など、黒酢あんの中から1つ選べます。

ほかにも、魚の中から『ミニほっけの炭火焼き』『ミニさばの炭火焼き』、小さなおかずの中からは『かぼちゃコロッケ』『ミニ香味唐揚げ』を1つずつ選ぶことが可能です。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…
大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

これだけたくさんあれば、2人でシェアして食べても十分に足りるでしょう。

1品近く価格がお得になるので、さまざまな料理を食べたい時に利用する人が多いようです。筆者的にもおすすめのメニュー。

もちろん、総菜は一品から注文することができるので、気軽に付け足せますよ。

総菜 メニュー

・ミニ香味唐揚げ 200円
・アカモク小鉢 190円
・ほうれん草の胡麻和え 190円
・ひじきの煮物 190円
・金平ごぼう 190円
・ミニ野菜の黒酢あん 290円
・ミニ鶏の黒酢あん 350円
・ミニすけそう鱈の黒酢あん 350円
・ミニ豚の黒酢あん 380円
・ミニさばの炭火焼き 350円
・ミニほっけの炭火焼き 380円
・かぼちゃコロッケ 200円
・ポテトサラダ 190円

大戸屋でテイクアウトできるメニュー:その他

メインメニュー以外にも、大戸屋ではご飯や味噌汁、子供用のオムライス弁当なども用意しています。

ご飯 190円

ご飯は『五穀ご飯』『ご飯』の2種類から選ぶことができます。どちらを選んでも値段は変わりません

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

左が五穀ご飯の大盛り、右がご飯の普通

また、ご飯の量も100gの少なめ、180gの普通、270gの大盛りから選ぶことができ、大盛りへの変更は無料。少な目にした場合は、20円引きの価格になります。

その他 メニュー

・大戸屋の7種の野菜のお味噌汁 150円
・温かい味噌汁 100円
・お子様オムライス弁当 320円

大戸屋でテイクアウト 電話やネットを使って予約も可能

大戸屋でテイクアウトするには、直接店舗に行くか、ネットや電話を使って注文する方法があります。

今回、筆者は11時頃に直接店舗に行き、テイクアウトしてきました。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

店内はそれほど混んでいませんでしたが、注文数が多かったことや揚げ物などを頼んでいたため、20分以上は待つことに…。

混んでいる時や注文内容によっては、それ以上に時間がかかる可能性もあるでしょう。

大戸屋でテイクアウトするなら外せないメニューは? 一番お得だったのは…

決まった時間にお持ち帰りをしたい時は、あらかじめ店舗にネットや電話で注文し、取りに行く時間を伝えるなどするとよさそうです。

待つことなく、温かくておいしい料理をすぐにお持ち帰りすることができますよ。

ほかにもおいしいテイクアウトができるチェーン店はたくさんあります。こちらの記事も参考にしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top