grape [グレイプ] lifestyle

キャンドゥのマスクを正直にレビュー! 良い点と戸惑った点は…

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

マスクが必需品となっている現在、『マスク生活』にストレスを感じていませんか。

暑くて蒸れたり、耳ひもが痛くて赤くなったりしている人もいるでしょう。

100円均一では、快適に過ごせるマスクが続々と登場しています。

今回は、キャンドゥのオリジナルマスク3種類を実際に使用し、つけ心地や価格、いい点と少し残念な点をまとめてみました!

※この情報は、2021年5月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

1日1枚の使い切りタイプ キャンドゥ『1週間使い切り不織布マスク』

1パックで、1週間を乗り切れる7枚入りの『1週間使い切り不織布マスク』。

1枚あたり税抜きなら約15円という価格です。

同マスクは、不織布・フィルター・不織布の3層構造でできているので、花粉やウイルスも進入しにくくなっているのが特長。

耳ひもは、やや平たい形状です。

また、使い切りやすい内容量は、外出時だけでなく自宅を掃除する時などにも使えるので、買い置きしておくと便利でしょう。

枚数が多すぎても収納に場所を取るので、ちょうどいい枚数ですね。

しかし、外出する頻度が高い人は、翌週分も買い足すのは面倒かもしれません。

着け心地はゆったり 男性向けの大きさ

マスクを着けてみるとゆったりとした余裕がありました。

熱がこもりにくく呼吸もしやすいですが、あごの下にスキマが空いてしまうのが難点です。

筆者の顔は普通サイズなので、女性よりも男性向けに作られたマスクだと思います。

マスクの素材は、本体・耳ひも両方ともフワフワとした感触なので、肌が敏感な人にも着けやすいのではないでしょうか。

また、不織布マスクの正しい着け方は、耳ひもの接着部分を外側に向けるものが多いようですが、こちらの『1週間使い切り不織布マスク』は反対です。

ノーズフィッターを上にして、プリーツ部分のヒダが下向きになるように…と覚えておくと正しい方法で花粉などの進入を防げますよ!

4層構造が珍しい キャンドゥ『のどしっとり4層保湿マスク』

不織布マスクに多い3層構造が、4層構造になり少しだけ安心感もアップの『のどしっとり4層保湿マスク』。

1パックに5枚入りで、1枚あたり税抜きなら約20円となっています。

マスクを1枚だけ手に取ってみると、明らかに手触りが従来のマスクと違うことに驚きました。

まず、分厚くて重さを感じます。

マスクの内側を見てみると、プリーツ部分が『ふっくら』としている様子が伝わるのではないでしょうか。

外側と内側で素材が異なり、内側はコットンで肌に直接触れる部分は優しい触り心地です。

残念ながら、4層構造の詳細は表記されていませんでした。

着け心地はフワフワ ストレスを感じにくいマスク

マスクの内側がコットンで作られているので、肌に触れている部分がフワフワと心地いいです。

分厚いので通気性が低く、呼吸をすると熱がこもりやすいような気がした筆者。プリーツの伸縮で空間を作ることもできますが、夏場の使用はあまりおすすめできません。

乾燥する冬には、暖かさも感じられてノドも保湿できそうなので一石二鳥でしょう。

耳ひもの部分は、少しカサカサとした肌触りなので肌が弱い人は、カバーなどを装着すると快適さがアップします。

ノドの乾燥も防げる キャンドゥ『加湿マスク』

ひと手間加え、ウイルスやホコリを防ぐだけでなく加湿もできるようにした『加湿マスク』。

1パックに2枚入りで、1枚あたり税抜きなら約50円と少々コストの高い印象を受けるマスクです。

内容量は、マスク2枚だけでなく『潤いフィルター』も2枚入っているので、マスク自体の価格はもう少し安いのかもしれません。

手に取ってみると分かるですが、ペラペラと薄さも気になるマスクで、箱入りで販売してある大容量のマスクに近いと感じました。

着け心地は柔らかいけど、戸惑う場面も…

耳ひもは、前述でご紹介した2種類のマスクと比較すると、とても太い幅。定規で測ってみると約7mmほどあることが分かりました。

ゆるい着け心地で耳も痛くなりにくいものの、柔らかい材質なのでヒモを伸ばしすぎてちぎらないように注意が必要です。

また、このマスクの最大の特徴である『潤いフィルター』の取り付けが、正直にいって難しい…。

手順は次の通りです。

1. マスクのプリーツを上下に広げる

2. 口元にあてる側の上部にある切れ目から、好みの位置にフィルターを入れる

「どこ…」と困った筆者は、マスクのあらゆる場所を触ること1時間。マスクを上部に引っ張ってみることにしました。

引っ張ってみて、ようやく発見したマスクの切れ目!あまりにもマスク本体と同化していたので、思わず「トリックアートかよ」とツッコミを入れてしまいました。

口元にフィルターがあるので、マスクで気になるメイクの崩れも、加湿によってあまり気にならなくなるのは嬉しいですね。

『潤いフィルター』は分厚めの『脱脂綿』のようなもので、唇に触れるとひんやり気持ちよく、これからの季節にもぴったりです。

キャンドゥのマスクはまだまだ種類がある!

今回、発売元をキャンドゥに限定したものをレビューしましたが、実際に店舗で取り扱われているマスクには、まだまだ種類があります。

気軽に購入しやすい価格なので、試してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top