grape [グレイプ]

コメダ珈琲のランチはひとりでも食べきれる? メニューや時間は決まっているの?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

昼食のランチに、チェーン店などの外食を利用する人は少なくありません。

極力価格を抑え、おいしくてボリュームのあるランチを食べたいものですが、なかなか条件に合う店を見つけるのは難しいでしょう。

そんな条件にピッタリなのが、大手珈琲チェーン店『珈琲所コメダ珈琲店(以下、コメダ珈琲)』の平日限定ランチメニューの『昼コメプレート』です。

コメダ珈琲のランチ・昼コメプレートのメニューや値段、食べられる時間帯やちょっとした裏技など、まとめてご紹介します。

※2021年5月現在の情報です。
※店舗により、価格や取り扱い商品が異なります。

コメダ珈琲の平日限定ランチ・昼コメプレートとは? メニューや時間帯は?

コメダ珈琲といえば、手頃な価格ながらボリューミーな料理が食べられると人気のチェーン店です。

ランチの時間帯でも通常のメニューを食べることができるのですが、平日なら『昼コメプレート』を注文することをおすすめします。

昼コメプレートは、平日の11時30分~14時まで販売されている、ランチ限定メニュー。

好きなドリンクの料金に550~580円プラスすると、なんとサンドイッチとサラダ、コメチキを食べることができるのです。コメチキなしだとプラスされる料金は480~510円。

昼コメプレートは単品でも注文できますが、770~780円するのでドリンクとセットで注文したほうが約200円も安くてお得です。

メニューは店舗により異なりますが、多くは以下の6種類から選ぶことができます。

昼コメプレート メニュー

・たまとまレタスサンド
・小倉ホイップサンド
・ミックスサンド
・ポテサラサンド
・ハムサンド
・エッグサンド

筆者の行った店舗にはありませんでしたが、『ザ・厚切りピザトースト』というメニューもあるようです。こちらのメニューはコメチキを付けることはできません。ただ、単品でも満足できそうな分厚いトーストを食べることができます。

コメダ珈琲のランチ・昼コメプレートを実食! ひとりで食べられる?

メニューを見ているだけでも食べたくなるラインナップ。早速、店舗に食べに行ってきました!

11時30分に店舗に行くと、すでに数名並んでいる状態。コメダ珈琲のランチメニューを狙って来たのでしょうか。

待たされること15分ほどで、席に案内されました。

昼コメプレートは、どのドリンクを選んでもよく、『たっぷりサイズ』など大きなサイズで注文しても問題ありません。

ブレンドコーヒー、カフェオレなどと一緒に、『たまとまレタスサンド』『小倉ホイップサンド』『ハムサンド』の3種類の昼コメプレートを注文してみました!

普通なら3つも頼むことはないでしょう…さすがにこれだけそろうと圧巻です。ちなみに、せっかくなのですべての昼コメプレートにコメチキを付けました!

サラダもキャベツやキュウリ、トマトが添えてありボリュームがあります。

コメダ珈琲のランチ:たまとまレタスサンド

細かく刻まれた玉子とトマトのスライスがサンドされたサンドイッチ。上部にはレタスもはさまれています。

玉子がぎっしりと入っていて、手に持つと感じる重みは「さすがコメダ珈琲!」といったところでしょう。

トマトはジューシーで、玉子と相性抜群!レタスも入っている上部は、シャキシャキとした食感もプラスされ、よりおいしく感じます。

小倉ホイップ以外は、からしマヨネーズが使われているとのことですが、こちらのメニューではそれほど強く辛味を感じませんでした

玉子が辛味を中和しているのかもしれません。後味にからしの風味を感じる程度です。

ちなみに、からしマヨネーズが苦手な人は普通のマヨネーズに変えてもらうことができます。

コメダ珈琲のランチ:小倉ホイップサンド

アンパンなどは全国的に有名ですが、食パンとあんこの組み合わせは地域によってはあまり見かけません。

愛知県に本社があるコメダ珈琲では、名古屋のほうでは一般的といわれる、食パンと小倉餡の組み合わせのメニューも展開しています

こちらのメニューには、あんこ以外にもホイップクリームをサンド!デザートとしても楽しめそうです。

柔らかく薄い食パンに挟まれた餡は粒餡で、割と大きめの粒が入っているため、食感もよく、小豆の濃厚な甘みを堪能することができます。ホイップは多少甘みは控えめですが、量は厚みが出るほど。

こちらもたまとまレタスサンドと同じく、具材がたっぷりと入っているので、昼食として食べても十分満足するサイズ感でしょう。

コメダ珈琲のランチ:ハムサンド

ハムとキュウリとレタスという、サンドイッチの王道の具材を挟み込んだのがハムサンド。

今回食べた3種類のサンドイッチの中では、わりと一般的なサンドイッチの具材の量といえそうです。

シャキシャキのレタスとキュウリ、ハムの旨みがからしマヨネーズと合わさって食欲をそそります。

ただ、たまとまレタスサンドと比べると、こちらはからしの辛味がしっかりと効いていました

からしが苦手な人は、通常のマヨネーズに変えたほうがいいかもしれません。

具材と薄く柔らかいパンとの相性がよく、レタスなどの食感が活かされたサンドイッチでした。

コメダ珈琲のランチ:コメチキはつけたほうがいい!

昼コメプレートは、70円ほどプラスすることで、コメダ珈琲のから揚げであるコメチキを2個足すことができます。

このコメチキがおいしいのなんのって…表面はカリカリしており、中身はジューシーな鶏肉。サンドイッチやサラダと一緒に食べると、よりランチの満足度を高めてくれるでしょう。

筆者的には昼コメプレートは1人でも十分食べきれる量なので、「量が多い」「鶏肉があまり好きじゃない」という人以外は付けることをおすすめします!

コメダ珈琲のランチ・昼コメプレートで使えるちょっとした裏技

実は、昼コメプレートにはちょっとした裏技があります。

それはサンドイッチのパンをトーストしてもらえるというもの。

通常であればパンは柔らかい、そのままの状態で提供されます。しかし、注文時に「トーストしてください」とお願いすると、焼きを入れて表面がカリカリになったパンではさんでくれるのです。

ちなみに、たまとまレタスサンドのパンはトーストしてもらっています。

トーストすることで、香ばしいパンの香りと、カリカリの食感を楽しむことができ、よりおいしく食べることができました。かなりサンドイッチの印象が変わるので、一度は試してほしい裏技です。

小倉ホイップサンドのパンもトーストするとおいしいかもしれません。

ホットサンドが好きな人は、ぜひトーストしたサンドイッチも試してみてください。

そして、さらに小さな裏技をご紹介します。

ドリンクを頼んだ時についてくる、適度な塩味とカリカリとした食感がクセになるこちらの豆菓子。

店頭でも売っているのですが、実は店内飲食時に10円でおかわりすることができます!

料理を食べるほどではないけど、ちょっと口さびしい時などにおかわりするといいかもしれませんよ。

コメダ珈琲のランチ・昼コメプレートは店内限定? テイクアウトはできる?

平日限定のお得な昼コメプレート。持ち帰りをして、会社や公園などでも食べたいと思っている人は少なくないでしょう。

しかし、残念ながら昼コメプレートはテイクアウトすることはできません

コメダ珈琲では、ソフトクリーム、玉子ペースト、生野菜を使っているものや商品の特性上持ち帰りができないメニューがあります。

その中に昼コメプレートも含まれているのです。

昼コメプレートを食べたい時は、店内飲食を利用しましょう。

ちなみに、コメダ珈琲でテイクアウトができる商品をこちらの記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

さまざまなメニューがあるコメダ珈琲。代表的なシロノワールもおすすめなので、ぜひ食べてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top