grape [グレイプ] entertainment

うつ病告白の大坂選手 谷原章介のコメントに「潔い」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

女子テニスの大坂なおみ選手が、アスリートの心の健康状態を理由に、全仏オープンでの会見拒否の意向を示した一件が、世界中で議論を呼んでいます。

会見拒否や大会側の対応が賛否両論を呼ぶ中、2021年6月1日には、全仏オープンを棄権することも明らかにした大坂選手。

大坂選手は、2018年の全米オープン以降「長い間、うつの状態を繰り返し苦しんできた」とも告白しました。

谷原章介、大坂選手のうつ病告白を受け謝罪

同日放送の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)では、大坂選手の全仏オープン棄権を速報扱いで伝えています。

番組MCを務める、俳優の谷原章介さんは、放送前日に「問題提起をすることで、みんなが考えるきっかけをくれるのはいいこと」と前置きした上で「きちんと会見の場で、対話の場をもって、主張していただきたい」とも語っていました。

しかし、大坂選手がうつ病を告白したことで、前日の自身の発言を謝罪。大坂選手だけでなく、うつ病に悩む人たちに向けたコメントを口にしています。

昨日お伝えした時点では、そこまで気持ちが落ち込んでいるってことを僕ら知らなくてですね。

記者会見で、対話できる場でお話していただきたいって僕がいったことは、すごく逆につらい立場の方に申し訳ないことをいったなと改めて思ったんですけれども。

これも1つのいいきっかけとして、大会側は選手のメンタルヘルス、そして強制的に罰金をとるっていうあり方は考え直してもらいたいって思いますし。

めざまし8 ーより引用

全仏オープン開催者側は、今回の大坂選手の会見拒否は大会規定に反するとして、日本円にして約165万円の罰金処分を科していました。

なお、大坂選手は罰金に関して「罰金はメンタルヘルスのチャリティー団体へ寄付してほしい」との意向を示していたものの、要望は受け入れられていません。

うつ病への理解を求める声も

選手のメンタルヘルスと、規約違反をかかげる大会開催者…それぞれにいい分があり、容易に答えが出せるものではありません。

しかし、うつ病という誰にとっても身近な問題に理解を示し、また、自らの意見を素直に謝罪した谷原さんの対応は視聴者の注目を集め「なかなかできることはない」とのコメントも目立ちました。

・谷原さんの、自分が間違っていたところを認めて謝る謙虚な姿勢は立派だと思います。

・自身の批判的な意見をごまかすことなく、ちゃんと謝罪をするのは潔い。

・うつ病は本当に難しい病気。大坂選手に対してだけでなく、同じように悩む人たちに向けたコメントに好感がもてた。

大坂選手は、全仏オープンの棄権を発表した際のコメントで、しばらくの間、試合から離れる意向であることも表明しています。

しかし、「時期が来たら、選手や報道陣、ファンにとってよりよい方向性を話し合っていきたい」ともし、復帰の意欲も見せていました。

今回、選手のメンタルヘルスを考えるきっかけを世界中に与えた大坂選手。まずは、自身の心身の健康を第一に考え、いつの日か再びコートの上で活躍してくれる日を待ちたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
めざまし8

Share Tweet LINE コメント

page
top