穴があくのが楽しみ♪ 20年以上履き続けたアートソックス

TwitterユーザーのBASILさんが投稿した『20年以上履いている靴下』が、まるで可愛い作品のようだと話題になっています!

その靴下がこちら!

世界に1つだけのアートソックス

穴があくたびに直し続けた結果、味のある世界で1つの靴下へ変貌!

18294_01
18294_00

20年物とは思えない鮮やかさ。

こうやって穴があく箇所を見てみると、痛みやすい場所で自分の歩き方のクセなども分かりそうですね。

18294_02
18294_04

「どこで買ったの?」なんて聞かれちゃうレベル、お友達にも自慢したくなる可愛さですね。

穴の塞ぎ方

気になる穴の塞ぎ方は、分かりやすいイラストで説明してくれました。

18294_07

穴、もしくは繊維が薄い部分に横糸を張って、縦糸で横糸を一本おきに、下に生地があれば一緒にすくいます。

横糸はゆるめに。縦糸も引っ張りすぎないのがコツだそうです!

使用する七つ道具

こちらはBASILさん愛用の七つ道具。

18294_05

毛糸は、クロッシェ雑貨用のものやベビーニット用の細いものを使用。色がグラデーションになっている毛糸の、使いたい色の部分を切って使っているそうです。

アクリル毛糸なら、伸縮性もあって履きにくくなることはないとのことでした。

18294_06

毛糸用の針の大きさが分かるように、息子さんのレゴを隣においてくれました♪ こういうお茶目なところからアートソックスが誕生したのかもしれませんね。

普通は穴があくと「大事な日なのに靴が脱げない!」「また新しいの買わなきゃ」など、沈んだ気分になってしまいますが、BASILさんのツイートには『靴下の穴があくことにポジティブになれそう』というコメントが多数寄せられています!

これからはかわいく塞いで大切にしよう…。

さっそく挑戦!

嬉しい褒め言葉!

他にも、「わざと穴をあけたくなりそう!」「穴があくのが楽しみになっちゃう♪ 」など、穴をあけたい人まで(笑)

いつも私たちの足を守ってくれる靴下。使い捨てになってしまいがちですが、これからは『愛情こめて穴を塞ぐ』ことも選択肢のひとつにいれてみてはいかがでしょうか。


記事内の画像は、すべて投稿者様に提供していただいたものです。無断転載はご遠慮ください。

出典
@basilsauce@kirikirimai0902‎@haro_comecome@NaokoBMS

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop