grape [グレイプ] society

【歴史的快挙】55号HRを達成した、ヤクルト村上宗隆 王貞治のコメントに「熱すぎる」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

2022年9月13日、東京都新宿区にある明治神宮野球場で、『東京ヤクルトスワローズ(以下、ヤクルト)』と『読売ジャイアンツ(以下、巨人)』の試合が行われました。

この日の試合で、『ヤクルト』に所属する村上宗隆選手は、九回に55号本塁打を放ち、シーズンの日本選手最多本塁打数を記録。

なんと、1964年に『巨人』の王貞治さんが記録した本塁打数に並ぶものであり、歴史的快挙です。

22歳という若さで快挙を成し遂げた、村上選手。

その目覚ましい活躍について、2022年現在『福岡ソフトバンクホークス』の代表取締役を務める王さんは、このようにコメントをしています。

「今の時代、ある程度広角に打てるということが求められている。それが十分できますし、普段の練習から本塁打の飛距離がすごい。彼は常にチャレンジして、飛距離にも、技術にもチャレンジしているだろうと思う。今の成績も全然慢心しているところも見えない。『今が俺にとっては一番大事な時だ』という感じで取り組んでいると思う」

サンケイスポーツ ーより引用

自身が55号本塁打を記録した時を思い出しながら、王さんは村上選手について「技術的にも精神的にも成長していて、今後が本当に楽しみです」と想いを明かしました。

国内外から「素晴らしい!」「胸が熱くなった」といった声が上がった、村上選手の活躍。

日本の野球界をけん引する期待の選手として、今後も活躍をしてくれることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@swallowsprサンケイスポーツ

Share Post LINE はてな コメント

page
top