grape [グレイプ]

イチローのメジャー通算3000安打はいつ? 達成日を日程と今季の成績から予想

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

メジャー通算3000本安打にあと12本と迫ったマーリンズのイチロー選手。

今シーズンはチーム事情により、外野手の準レギュラーという立場でありながら打率.342、出塁率.418(2016年7月2日現在)という好成績で、オールスターへの出場を望む声が聞かれるほどの活躍を見せています。

日本人のみならず、アメリカでもイチロー選手の3000本安打達成は注目の的。そこで、大胆にも記録達成日を予想してみました。

メジャー通算3000安打達成はいつ?

ナ・リーグはDH制を採用していないため、今季イチロー選手の出番は代打か、外野手のレギュラー選手に休養を与える場合の先発出場に限られています。

DH(指名打者)

一切守備には就かず、本来ピッチャーが担うべき打撃のみを行う選手のこと、あるいはその制度を言う。日本のプロ野球ではパ・リーグのみ、メジャーリーグではア・リーグでのみ採用されている。

今季これまでの打率で見ると、12本のヒットを打つのに要する打席数は単純計算で35もしくは36打席。しかし、相手投手が好調のイチロー選手との勝負を避け、四球というケースも多いため、実際には12安打を放つまでに40前後の打席数が必要になると予想できます。

オールスター後の後半戦が達成日?

今季ここまでと全く同じペースでイチロー選手が起用されると仮定した場合、40回打席に入るには約15試合を必要とします。今後のマーリンズの試合日程は以下。

    マーリンズの試合日程

  • 7月3日(日)5:10~ vsブレーブス
  • 7月4日(月)9:05~ vsブレーブス
  • 7月5日(火)5:10~ vsメッツ
  • 7月6日(水)8:10~ vsメッツ
  • 7月7日(木)2:10~ vsメッツ
  • 7月9日(土)8:10~ vsレッズ
  • 7月10日(日)5:10~ vsレッズ
  • 7月11日(月)2:10~ vsレッズ

  • 7月13日(水)9:00~ オールスター

  • 7月16日(土)9:15~ vsカージナルス
  • 7月17日(日)8:15~ vsカージナルス
  • 7月18日(月)3:15~ vsカージナルス
  • 7月19日(火)8:05~ vsフィリーズ
  • 7月20日(水)8:05~ vsフィリーズ
  • 7月21日(木)8:05~ vsフィリーズ
  • 7月22日(金)8:05~ vsフィリーズ
  • 7月23日(土)8:10~ vsメッツ
  • 7月24日(日)8:10~ vsメッツ
  • ※時間はすべて日本時間

すると7月22日のフィリーズ戦が15試合目となります。ただし、これは今季のイチロー選手の成績や出場数から予想した数字。調子を上げてきているイチロー選手への監督の信頼も高まっており、出場機会も増えてきています。

そこでこれらを考慮するとイチロー選手があと12安打を放つのにかかる試合数は13試合。つまり、7月20日のフィリーズ戦がその瞬間になると予想します。

メジャー140年の歴史でたった29人の偉業

長いメジャーリーグの歴史の中でも、3000本安打を達成した選手はたった29人しかいません。イチロー選手は30人目の3000安打を目指しています。

メジャーリーグ歴代通算安打本数

1位  4256本 ピート・ローズ選手
2位  4191本 タイ・カッブ選手
3位  3771位 ハンク・アーロン選手
4位  3630本 スタン・ミュ-ジアル選手
5位  3515本 トリス・スピーカー選手
6位  3465本 D・ジーター選手
7位  3430本 ホーナス・ワグナー選手
8位  3419本 C・ヤストレムスキー選手
9位  3319本 ポール・モリター選手
10位 3314本 エディ・コリンズ選手

11位 3283本 ウィリー・メイズ選手
12位 3255本 エディ・マーレー選手
13位 3252本 ナップ・ラジョワ選手
14位 3184本 カル・リプケン選手
15位 3154本 ジョージ・ブレット選手
16位 3152本 ポール・ウェイナー選手
17位 3142本 ロダン・ヨーント選手
18位 3141本 トニー・グウィン選手
19位 3110本 D・ウィンフィールド選手
20位 3110本 A・ロドリゲス選手

21位 3060本 クレイグ・ビジオ選手
22位 3055本 R・ヘンダーソン選手
23位 3053本 ロッド・カルー選手
24位 3023本 ルー・ブロック選手
25位 3020本 R・パルメイロ選手
26位 3011本 キャップ・アンソン選手
27位 3010本 ウェイド・ボッグス選手
28位 3007本 アイ・ケイライン選手
29位 3000本 ロベルト・クレメンテ選手
30位 2988本 イチロー選手

※2016年7月2日現在

もちろん、これらは今季ここまでのイチロー選手の打率や起用法などから計算した予想です。イチロー選手であれば、予想を超えるペースでヒットを量産し、もしかしたらオールスター前に3000本安打を達成してしまうといったミラクルを起こしてくれるかもしれません。

一体、どこまで安打数を増やしていくのでしょうか?今後もイチロー選手から目が離せませんね!

メジャー通算2986本目のヒット

メジャー通算2987本目のヒット

Share Tweet LINE