grape [グレイプ]

【今かもしれない】 仕事の辞め時は「週1回の趣味が継続できなくなった時」 な、なるほど…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

「もう、こんな仕事辞めてやる!」

会社の問題、上司の問題、同僚の問題、仕事そのものの問題、給与の問題…多くの社会人が少なくとも一度ぐらいは考えるであろう「仕事を辞める」ということ。

25468_01

しかし、経済的な問題や周囲との兼ね合いなども含め、簡単に決断できることではありません。

そんな会社の「辞め時」を語った、コージ(@kouji78)さんのツイートが注目を集めています。

前の上司が教えてくれた「辞め時」

多くの共感を呼んでいる仕事の辞め時

実は以前の上司が教えてくれたことなんだそうです。

まず、前提として、その元上司はコージさんにこう伝えたそうです。

「社会人になったら最低週に一回は定期的に行う趣味が必要」

@kouji78 ーより引用

週1で行う趣味を持ちなさい

趣味は何でもいいそうで、スポーツでも映画観賞でもライヴを観に行くでも…とにかく何でもいいから、最低週1回は定期的に行う趣味を持たなければいません。

その上で、この趣味を基準に、仕事の辞め時を決めるというのです。

「そして、時間的理由にしろ精神的理由にしろ、その趣味の継続が難しくなった時が、その仕事の『辞め時』」との事だった。

@kouji78 ーより引用

つまり、理由は何であれ、趣味を続けることができないような状況に陥った時が「その仕事の『辞め時』」ということなんだそうです。

25468_02

確かに、会社によっても、また個人によっても大きく異なりますが、「仕事の辞め時」を考える上で、趣味は重要な目安になるのかもしれません。

社会人にとっての趣味は単なる遊びというだけでなく、自分を見失っていないかを確認する物差し

元上司のそんな持論に、「すごく納得した」「この考えが広まってほしい」と多くの称賛の声が寄せられます。

また、コージさんも、この元上司のことを尊敬しているようで、称賛のコメントに対し、こう応えています。

過労死の問題や、長時間労働を苦にした自殺など、労働環境のさまざまな問題が報じられる現代だからこそ、身に染みる言葉。

「仕事を辞める」という決断は決して簡単にできるものではありませんが、一方で「してはいけない決断」でもありません。

自分なりの判断基準をしっかりと持ち、「ここを超えたら、もう無理」という限界を見極めることが、大切なのではないでしょうか。

出典
@kouji78

Share Tweet LINE