grape [グレイプ] trend

「あなたはワガママで、自己中心的な親」息子の誕生日に、匿名の手紙が届いた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

アメリカ合衆国カルフォルニア州にあるサンディエゴ。西海岸に面するこの都市は、美しい海岸が魅力のひとつです。

そんなサンディエゴの海辺にあるアパートで暮らしている、ブリューニング一家。2016年10月26日、次男の誕生日で家には笑顔があふれていました。

先日、知人を呼んでの誕生日パーティも行ったブリューニング夫妻。

愛するわが子が2歳になり、夫・マイクさんと妻・ケリーさんも嬉しい気持ちでいっぱいでした。

息子の誕生日に届いた、匿名の手紙。母の表情が凍った理由は…

いつものように自宅の郵便受けを覗いたケリーさんは、1通の手紙を見て首を傾げます。

届いたのは、差出人の名前が書いていない封筒。サンタクロースの可愛らしい切手が貼られています。

(あ、もしかして…誕生日パーティのお礼状かしら?)

アメリカの誕生日パーティでは、誘われた人が後日お礼状を出す習慣があります。ケリーさんは、先日のお礼状が届いたのだと思いました。

しかし封筒の中に入っていた手紙を読んで、ケリーさんの表情は固まりました。なぜなら、そこにつづられていたのは予想だにしない内容だったからです。

「あなた方はワガママで、自己中な親」

親へ

あなた方はワガママで、自己中心的な親です。
自分たちが海が好きだからといって、子どもたちをワンベッドルーム(寝室がひとつの家)の狭いアパートで生活させているからです。

育ちざかりな子どもには、思いっきりはしゃげる広い裏庭が必要。
それに、自転車やブランコだって必要なんですよ。
あなた方だって、今みたいに寂しい環境で育ったわけではないでしょう?

恥を知りなさい。

Facebook ーより和訳

手紙につづられていたのは、「子どもを狭い家に閉じこめるな!」というメッセージ。(実際はワンベッドルームではなく、ツーベッドルームなのですが)

文面を見るに、おそらく近隣に住んでいる誰かが送ってきたのでしょう。

ケリーさんがこの手紙を自身のFacebookに投稿すると、知人たちから多くのコメントが寄せられました。

  • 「狭かろうが広かろうが、親の愛で子どもは立派に育つよ!」
  • 「ビーチで遊べるだなんて、子どもにとって最高の思い出に決まってるのに」
  • 「馬鹿だね。この人がケリーのなにを知ってるっていうの」

落ち込むケリーさんに、励ましの言葉をかける知人たち。

夫妻がどれだけ子どもたちを愛しているか知っているからこそ、怒りが抑えきれなかったようです。

心に深い傷を負ったケリーさん

文面にショックを受け、行き場のない怒りと悲しみを覚えたケリーさん。手紙を読んだ時の気持ちについて、こうコメントしています。

「手紙を読んだ時は、本当にショックでした。こんな手紙を送ってくるだなんて、信じられません!
そもそも、人の家族に余計な口出しをするのは良くないと思います。

確かに広い庭はないけど、私たち家族にとってはビーチが庭。むしろ、庭が広くてラッキーだと思っています」

近隣に住む誰が手紙の差出人かわからず、生活を見張られているような不安に襲われているそうです。

差出人は嫌がらせではなく、本当に「子育てのアドバイス」のつもりだったのかもしれません。しかしケリーさんが言うように、よその家庭に口出しするのは正しいことなのでしょうか?

子育てで大変な要素のひとつに、近所づきあいがあると言います。この手紙は、近隣の人による『余計なお世話』としか言いようがありません。

出典
Kelly N Mike Brüning

Share Tweet LINE コメント

page
top