grape [グレイプ]

桃の花にはそんな力が… アナウンサー押阪忍の『美しいことば』

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの元祖!?などと言われている押阪忍です。

ご縁を頂きまして、この欄で、お喋りをさせていただくことになりました。お目に留まれば、シニアアナウンサー(花ウンサー)の『独り言』にお付き合いいただければ幸いです。

 二月四日の「立春」の二文字から、春めいて来たなぁ…と感じたり、♪春は名のみの風の寒さや…と早春賦を口ずさんでみたりして、弥生三月を迎えました。春待ち月、芽吹きの春ですね。

 三月三日の「桃の節句」を迎えると、春はまだ浅いと思いながらも、雅で華やかな緋毛氈の上のお雛様には、やはり春到来を感じますねぇ。平安の昔から、このお祭りには、桃の木が邪気を払う木として使われています。

 因みに、桃の”花言葉”を調べてみますと「チャーミング」「私はあなたのとりこ」などとありますが、何と第一に出ているのが『天下無敵』という強烈な言葉です。か弱い女の子を守るのには恰好な木なのですね。それと桃の字は木偏に兆と書きますが、それほど沢山の実をつけるので、多産、安産の子宝を得る木として、女の子の節句に使われて来ているそうです。

花の色はピンクで乙女チック。日本の花暦では菜の花とともに、「三月の花」となっています。花は桃色だけではなく、白、紅、絞りなどの種類もあります。

 春が遅い信州の友人から聴いた話です。この桃が咲く頃、その里では、その桃の花に呼応するかのように、梅、あんずすもも、桜、リンゴの花などが一斉に咲き始め、辺り一面が華やかな花の景色に変るというのです。「百花斉放‼」正にその時のそのさとはきっと”桃源郷”別天地でしょうねぇ。その花一面の絶景の中に、一度は佇んでみたい…と思っているのですが…。

 ♪灯りをつけましょ ぼんぼりに…。

「桃の節句」は過ぎましたが、今回は四月の桜の前に、柔らかい笑顔を運ぶ三月の”桃”について綴ってみました。

故郷は いとこの多し 桃の花  子規

                  

<2017年3月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。1965年には民放テレビ初のフリーアナウンサーとなる。以降テレビやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典なども行う。2016年現在、アナウンサー生活58年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top