grape [グレイプ]

「安藤サクラはブスを武器にしている」 記事の紹介にマツコが「失礼すぎる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年12月17日に放送されたバラエティ番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)に、マツコ・デラックスさんが出演。

女優の安藤サクラさんに対して「ブスを武器にしている」と評した記事に、異論を唱えました。

マツコ・デラックス「ブスと思ったことない」

同番組では、安藤さんについて書かれた記事をこのように紹介しています。

ドラマ界の赤丸急上昇銘柄として、記事では現在放送中のNHKの朝ドラ『まんぷく』が絶好調の女優・安藤サクラさんを挙げています。

この中で特に注目しているのが、安藤さんが連ドラで初めてヒロインを務めた、2016年のドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)。

安藤さんはこのドラマで、岡田将生さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さんといったイケメン俳優に混ざって、何かと「ブス」呼ばわりされるOL役を女性視聴者の反感を買うほど熱演。

その「ブスを武器にする役者魂」を記事は評価しています。

5時に夢中! ーより引用

「ブス」呼ばわりされる役を演じて注目を集めた安藤さんを、「ブスを武器にしている役者」として評価。

もしかすると、この記事を書いた人は純粋に安藤さんの役者魂をほめたつもりだったのかもしれません。

しかし、マツコさんはこの内容に異論を唱えます。

これ、すごい失礼な記事だと思うんだけど。

何この「ブスを武器にする役者魂を評価」って、誰が書いてんのよ。

私、安藤サクラさんってブスだと思ったことないんだけど。

5時に夢中! ーより引用

マツコさんの発言に、一瞬空気が凍り付くスタジオ。

マツコさんは、安藤さんをブスだと思ったことがないため、なぜブス呼ばわりしているのかが分からないと発言しています。

また、「ブス」を「どの基準で語っているのか」と質問を投げかける場面も。

超美人ではない女優さんのことを指していっているの?この記事は?

5時に夢中! ーより引用

MCのふかわりょうさんは「役柄としての『ブス』だと思う」「男性でいう3枚目もできる役者という感じ」とフォローを入れていました。

そういったやり取りの上で、マツコさんは「自分の中の偏見が入っている」と断りを入れてから持論を述べました。

綺麗な人に演技を求めてない部分がちょっとあるんだよね。

綺麗な女優さんって、なんかもう「綺麗なだけでよくない?」っていうさ。

こういう、いいかたしたらまた語弊があるけど、例えばアメリカとかでもさ、(女優の)メリル・ストリープとかさ、いわゆる絶世の美女といわれる人ではない人が、演技派といわれるじゃない。

綺麗な女優さんって、そもそも見てる側もその女優さんが、メリル・ストリープばりの演技をしていたとしても、おそらくそういう目で見ていないんだと思うのよ。

本当は多分ね、めちゃくちゃ綺麗な女優さんの中にも、すごい演技の人がいるんだと思うのよ。

でも、私たちはそれを正当には見てない(フィルターをかけた感じで見ている)。だから、その対照としてのブスっていういいかたを、彼か彼女かわからないけど、この記者の人はしているんだろうと思うけど。

意外と私たちって、ちゃんと冷静に見ている気がしているだけで、実は(女優を)アイコンにして、評価しちゃっているんだよね。

それはちょっと、この記事を見て、反省しなきゃなって思った。

5時に夢中! ーより引用

「例え綺麗な女優さんに演技力があっても、正当に評価することができなくなっているかもしれない」と語るマツコさん。

今回の記事でそのことに気が付き、自分も反省しなければと感じたようです。

ネット上では、安藤さんが「ブスを武器にしている」という記事について、このような声が上がっていました。

・安藤サクラさんは、ブスを演じられる女優。本当のブスではない。

・人の武器は、顔でも才能でも努力でもなんでもいい。

・安藤さんはブスも美人も演じられるところがすごい。

・「ブスを武器に」はさすがに失礼。「演技力を武器に」なら分かるけど。

・安藤さんの強みは、泥臭さをむき出しにして演じられることだと思う。決してブスを武器にしているわけではない。

多くの人が安藤さんを「ブスの役も演じられる女優」と評価しているようです。

どのような役であっても完璧に演じることができるからこそ、さまざまなドラマなどに出演して活躍できているのでしょう。

今後、安藤さんがどのような役にチャレンジするのかが楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
5時に夢中!

Share Tweet LINE コメント

page
top