grape [グレイプ]

清掃ボランティアが目にした『排水溝の中』に言葉を失う 「これ日本!?」「信じられない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

歩きながら喫煙する『歩きタバコ』や、タバコのポイ捨ては現代日本で問題視され続けています。

地域によっては路上喫煙禁止条例を定め、歩きタバコやポイ捨てを取り締まっているのですが、それでもマナー違反をする人は絶えません。

これらのマナー違反に対し、「タバコの煙がくさい」「道を汚さないで」といった非難の声が上がるだけでなく、喫煙者からも「マナーを守れないなら吸わないでほしい」という声が上がっています。

排水溝の中に広がる『タバコポイ捨て』の現実

東京都渋谷区を中心に活動している清掃ボランティア団体『NEXUS FOREVER』のヒーロー・髑髏戦士スカルラウザー(@skullrouser1996)さん(以下、スラウザーさん)が、Twitterに1本の動画を投稿。

スラウザーさんたちが清掃のために街の排水溝のフタを開けたところ、そこには信じがたい光景が広がっていました。

排水溝の中には、ポイ捨てされた大量のたばこが。スラウザーさんによると、多い時は1か所の排水溝に千本以上のたばこが入っているのだとか。

日本では多くの自治体がウェブサイトなどでポイ捨て禁止を呼びかけています。場所によっては、直接川につながっている排水溝もあるそうです。

排水溝に捨てられたたばこは、ゴミとしてそのまま溜まっていったり、川に流れていき自然を汚したりしてしまいます。

普段は目にすることのない悲しい現実をとらえた動画に、ネットからは怒りの声や悲しみの声が寄せられました。

・これ日本なの!?いまだにこんな感じだなんて、酷いね。

・喫煙者だけど、マナー違反は本当にやめてほしい。歩きタバコもポイ捨ても問題外。

・ポイ捨てする人は、排水溝が詰まったらどう責任をとるんだか。排水溝は灰皿ではない。

・スラウザーさん、活動お疲れ様です!投稿の言葉にとても共感しました。

ポイ捨てをする人たちは「これくらいなら」「誰かが掃除をしてくれる」という考えで排水溝に投げ入れているのかもしれません。

一人ひとりの「ちょっとだけ」が集まった結果、このような事態になっていると知ってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@skullrouser1996

Share Tweet LINE コメント

page
top