grape [グレイプ]

『パパ活』をしていた高校生 ゾッとする、ずるい大人の発言とは…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

警視庁によると、令和元年のわいせつ事件は、2020年10月25日時点で8443件認知されており、その内、未成年の被害は2495件起こっています。

また、SNSを起因とした『児童買春・児童ポルノ禁止法』の被害は1099件に上りました。

残念なことに、SNS上で「お金をあげる」「欲しいものを買ってあげる」など、甘い言葉で子供を誘う大人は後を絶ちません。

売春相手が18歳以下だと気付いた男性が…?

自身の経験を漫画にしている、もちぎ(@omoti194)さん。

10代の頃、父親を失ったことをきっかけに母親から金銭を要求され、高校生ながら毎月5万円以上を渡していたといいます。

高校生で毎月5万円以上の収入を継続的に得るのは難しいこと。

そのため、もちぎさんは売春行為も行っていたそうです。

「家を出たい」と思っていた、もちぎさんにとって、売春は効率的にお金を手にできる手段だったのでしょう。

もちぎさんは当時高校生だということを隠して売春行為を行っていましたが、ある日、相手の男性に18歳以下だということがバレてしまいました。

「通報されてしまうかも」と焦ったもちぎさんでしたが、男性からは逆に「偉いね」とほめられたのです。

さらには、「俺も若い子と性交渉できるなら嬉しいから、ウィンウィンの関係だ」とまで。

性行為の相手が18歳以下だと分かっても叱ったり通報したりしない男性に対して、もちぎさんは当時「いい大人だなぁ」と思っていたそうです。

この漫画のタイトルは『こども』。

大人からすればゾッとするような男性の発言ですが、渦中にいる子供としては「いい大人」と感じてしまったのでした。

読者からはさまざまな声が寄せられています。

・『こども』というタイトルに悔しさがこみ上げます。大人のずるさと、子供の無知さの危険性を感じました。子供たちをどうすれば救えるのか、きちんと考えたいです。

・子供の時は、怒られないだけで「いい人」って思っちゃうけど、本当は叱ってくれる人のほうが心配してくれているんですよね。

・「いい人だな」と思っていた人が、今振り返ってみれば「やばい大人だった」ということ、身に覚えがあります。本当に、ゾッとする。

SNSやインターネットの普及により、親や周囲の大人からは子供が何をしているのか見えずらくなった部分も多いかもしれません。

ずるい大人たちから、どのようにすれば子供たちを守れるのか、考えていきたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@omoti194警視庁

Share Tweet LINE コメント

page
top