grape [グレイプ]

眞子さま、延期になっていた結婚についてお気持ちを公表

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年11月13日、宮内庁は秋篠宮ご夫妻の長女・眞子内親王(以下、眞子さま)の結婚についての文書を公表しました。

2017年9月に大学時代の同級生・小室圭さんと婚約内定を発表した眞子さま。

しかし、2018年2月にお代替わりの一連の儀式が終わる2020年まで、結婚は延期するとしていました。

産経ニュースによると、眞子さまは文書でこのように結婚へのお気持ちを明かしたといいます。

前回は、行事や結婚後の生活について充分な準備を行う時間的余裕がないことが延期の理由である旨をお伝えいたしました。それから今日までの間、私たちは、自分たちの結婚およびその後の生活がどうあるべきかを今一度考えるとともに、様々なことを話し合いながら過ごしてまいりました。私たちの気持ちを思いやりあたたかく見守ってくださっている方々がいらっしゃいますことを、心よりありがたく思っております。

一方で、私たち2人がこの結婚に関してどのように考えているのかが伝わらない状況が長く続き、心配されている方々もいらっしゃると思います。また、様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております。しかし、私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です。

今後の予定等については、今の時点で具体的なものをお知らせすることは難しい状況ですが、結婚に向けて、私たちそれぞれが自身の家族とも相談をしながら進んでまいりたいと思っております。

産経ニュース ーより引用

眞子さまの結婚へのお気持ちは変わらず、結婚関連の行事は再延期するとのことです。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top