grape [グレイプ]

小栗旬の妻は山田優 子供は何人いるの? アメリカで暮らしているとの噂も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)やドラマ『花より団子』(TBS系)といった大ヒットドラマへの出演などで知られる、俳優の小栗旬(おぐり・しゅん)さん。

老若男女問わずファンがいるイケメン俳優の小栗旬さんの妻は誰なのか、結婚生活はどのようなものなのか、子供は何人いるのかなど、さまざまな情報を紹介します。

小栗旬の妻は山田優 結婚の時期やなれそめは?

小栗旬さんは、2012年に女優でモデルの山田優さんと結婚しています。

小栗旬さんと山田優さんの出会いは、2007年に映画『サーフズ・アップ』の日本語吹き替え版で、声優として共演したことでした。

その後、2008年に放送されたドラマ『貧乏男子 ボンビーメン』(日本テレビ系)で再共演した小栗旬さんと山田優さん。

同ドラマに出演していた八嶋智人さんと、八嶋智人さんの家族と一緒に遊ぶことが多く、2人は親交を深めていったといいます。

また、2018年8月31日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した小栗旬さんが、交際秘話を語ったことも。

小栗旬さんいわく、交際前に山田優さんのチーフマネージャーに「山田優さんと付き合いたいんですけどいいですか」と伝えたことから交際がスタートしたといいます。

小栗旬の浮気報道に、妻の山田優「いい試練だった」

2012年3月14日に開かれた結婚記者会見で、交際中に報じられた小栗旬さんの浮気について記者から質問を振られた山田優さん。

質問に対して山田優さんは「今はもう乗り越えて、あの時は大変だったと思いますけど、いい試練だった」と語り、浮気報道後の小栗旬さんはひたすら「ごめんなさい」と謝罪していたことも明かしています。

なお、結婚会見当日は小栗旬さんが撮影で日本にいなかったため、山田優さんが単独で会見を開き、「みなさまにお話しをして、小栗になったんだという気がして、すごく幸せです」と照れ笑いを浮かべていました。

また、プロポーズについては「私だけの思い出にしたいので内緒にさせてください」と伏せたものの、「すごく嬉しかった」とも。

ちなみに婚約指輪はハリー・ウィンストンで、記者に対して握りこぶしで指輪を見せる山田優さんの独特なポーズは、当時、大きな話題となりました。

小栗旬への不満を、妻の山田優が暴露

子宝にも恵まれ、一見、仲がよさそうに見える小栗旬さんと山田優さん夫婦ですが、互いに不満はあるのでしょうか。

山田優さんは小栗旬さんへの不満を2018年8月31日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で明らかにしています。

番組内で、山田優さんが深夜に家を飛び出すこともたびたびあったことを語り、小栗旬さんが週刊誌に載るようなことをした時は「問い詰めるし、追い詰める」と語っていました。また、普段の会話で小栗旬さんが「返事をしない」と不満を明かしています。

山田優さんの不満を聞いていると、結婚生活がうまくいっていないように思われますが、実際は円満な様子。

というのも、小栗旬さんが同番組に出演した際には「妻とは別れたくないし、失いたくない」と話しており、山田優さんの親友である西山茉希さんもまた、「結果オーライで円満ですし、いいお父さんにどんどんなっている」と語るなど、実際の夫婦仲は良好であることがうかがえます。

小栗旬と妻の山田優との間に、子供は何人?

小栗旬さん山田優さん夫婦には、3人の子供がいることが分かっており、2014年に第1子、2017年に第2子が誕生しています。

そして、2020年4月には、第3子が生まれたことが明らかになりました。

2020年6月の一部週刊誌で、先行して妊娠が報道された山田優さん。しかし、山田優さんは長く沈黙を貫いており、発表されるまで「気になる」「実際はどうなのか」と気になっていたファンも多くいたようです。

しかし、山田優さんの2020年5月17日に投稿されたインスタグラムの投稿では『BABY』と書かれた母子手帳ケースが写りこんでおり、第3子を出産したことに気付いているファンもいました。

なお、子供たちの性別については、第1子は女の子であると分かっていますが、第2子・第3子の性別については明かされていません。

ちなみに、小栗旬さんは2019年から英語の勉強とハリウッドデビューを目指すためにアメリカのロサンゼルスに家族で移住しており、第3子はアメリカで生まれたことが明らかになっています。

これまで、結婚生活への不満や不仲説なども出てた2人ではあるものの、実際は仲がよくて周りの人からうらやましがられるくらい円満な家族。これからも、『憧れの夫婦』として人気を集め続けていくことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top