grape [グレイプ]

今年は牛年 『牛』の字のつく名字の人は、今年は何かいい事があるかもしれない

By - 押阪 忍  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

こんにちは、フリーアナウンサーの押阪忍です。

ご縁を頂きまして、『美しいことば』『残しておきたい日本語』をテーマに、連載をしております。宜しければ、シニアアナウンサーの『独言』にお付き合いください。

丑年うしどしに願いを

今年は牛年ですね。毎朝頂く牛乳やバターやチーズ、そしてハムなど『牛さん』には大変お世話なっています。そして年に1~2回、美味しいステーキで舌鼓を打っております。

それから忘れていました…『スキ焼』もありました。忘れるぐらいですから 最近は頂いていないということの『あかし』であります。

ところで或る雑誌に『「牛」のつく名字ベストテン』なるものが載っていましたが、それによりますと、①牛島 ②牛田 ③牛山 ④牛尾 ⑤牛丸 ⑥牛嶋 ⑦牛込 ⑧牛木 ⑨牛久保 ⑩牛久うしくでした。

この中で、私が知人として存じ上げているご苗字は、①牛島 ④牛尾 ⑨牛久保さんです。

最多の『牛島』が九州、2位の『牛田』が愛知県、3位の『牛山』が長野県、4位の『牛尾』が関西、5位の『牛丸』は、長野県に集中しているそうです。

さて、皆さんは、どの『牛さん』とお友達でしょうか? 牛の字のつくご名字の方は、今年は何かいい事があるような気がしますね…。

牛は働き者です。牛歩と言ったりして、その歩みは遅いですが、柔和でおとなしく着実に前へ進みます。疾走する馬のようには行きませんが、どっしりと力強い仕事をしてくれます。

牛は世界の食糧品の主役であり、革製品として、衣服やカバンや靴などの日用品としても、私達は恩恵をこうむっています。正に『お牛さま』です。

その『お牛さま』に願い事です。牛に引かれて善光寺詣りのように、今年は、牛に引かれてコロナ退治となってくれることを、切に願いたいと思います。

<2021年1月>

logo_oshizaka2

フリーアナウンサー 押阪 忍

1958年に現テレビ朝日へ第一期生として入社。東京オリンピックでは、金メダルの女子バレーボール、東洋の魔女の実況を担当。1965年には民放TV初のフリーアナウンサーとなる。以降TVやラジオで活躍し、皇太子殿下のご成婚祝賀式典、東京都庁落成式典等の総合司会も行う。2021年現在、アナウンサー生活63年。
日本に数多くある美しい言葉。それを若者に伝え、しっかりとした『ことば』を使える若者を育てていきたいと思っています。

Share Tweet LINE コメント

page
top