grape [グレイプ] society

眞子さまが会見で述べた『最後の言葉』 その内容に「胸が痛む」「広まってほしい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2021年10月26日、秋篠宮ご夫妻の長女である眞子さまが、婚約内定から4年余りを経て、小室圭さんとご結婚されました。

皇室から離れ、今後は『小室眞子』さんとして、新たな人生を歩むことになる眞子さま。

この日、婚姻届けを提出したお2人は、記者会見で結婚についてのお気持ちを述べました。

眞子さまの会見最後の言葉に、多くの人が胸を締め付けられた理由

眞子さまの体調を考慮した結果、今回の会見では質疑応答の手順を省くことに。

ご結婚についての考えや、皇族としての30年間について。そして、これまで関わってきた人への感謝の気持ちを述べた眞子さまは、最後にこのように思いを明かしました。

今、心を守りながら生きることに困難を感じ、傷付いている方が、たくさんいらっしゃると思います。

周囲の人の温かい助けや支えによって、より多くの人が心を大切に守りながら生きていける社会となることを、心から願っております。

同月1日、複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)との診断を受けられた眞子さま。

宮内庁によると、眞子さまご自身やご家族、小室さんなどに対する誹謗中傷と感じられる出来事が原因だといいます。

また、今回のご結婚についてマスコミで頻繁に取り上げられ、世間から批判的な言葉が上がっていた点も関係しているでしょう。

会見後、眞子さまの最後のお言葉に共感する声が上がりました。

・本当にそう。この考えがもっと広まって、優しい社会になってほしい。

・眞子さまのこれまでを考えると胸が痛む。なんて優しいお言葉だろう。

・涙が出た。眞子さまの今後の人生も、幸せなものでありますように。

会見後に書面での質疑応答を行った際、眞子さまは今後について「一番大きな不安は、私や私の家族、圭さんや圭さんのご家族に対する誹謗中傷がこれからも続くのではないかということです」と述べています。

結婚して皇室を離れても、眞子さまは心を守り続けなくてはならないのかもしれません。

これからは、眞子さまを含めた多くの人が、心を大切に生きていける社会になることを祈るばかりです。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top