grape [グレイプ] lifestyle

ダイソーでモバイルバッテリーが売ってる?! 使用してみた結果…?

By - はるの  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

長時間の外出で活躍するアイテムの1つ、『モバイルバッテリー』。

家電量販店などでは2千円以上するものも多く、試しに買うには、少し手を伸ばしにくいアイテムですよね。

そんなモバイルバッテリーが、実はダイソーで販売されています!

ダイソーでどのようなモバイルバッテリーが販売されているのかや、使い勝手などを調査してみました。

※この情報は、2021年11月現在の情報をもとにしています。また、商品は地域・店舗・時期により販売されていないケースがあります。

ダイソーのモバイルバッテリー、種類はさまざま

ダイソーで販売されているモバイルバッテリーの種類は、大きく分けて3タイプあります。

店舗に行って商品を確認した時には、価格帯で異なる500円と1000円のもの、そして有名イラストレーターのイラストがプリントされたものが販売されていました。

ダイソー モバイルバッテリー

そこで、販売されていた500円のモバイルバッテリーを購入し、その使い勝手を調査してみました。

ダイソーの500円のモバイルバッテリー、使いやすさを確かめてみた

今回、ダイソーのモバイルバッテリーで、安価でもっとも手に取りやすい容量4000mAh、税込み550円のものを購入した筆者。

たった550円で購入できてしまう、安すぎるモバイルバッテリー…筆者は不安しかありませんでしたが、使ってみると意外に便利でした!

ダイソー モバイルバッテリー
ダイソー モバイルバッテリー

袋の中にはモバイルバッテリーと、USBケーブルが入っていました。どちらもコンパクトなサイズ感で、見た目はかなりシンプルです。

ちなみにモバイルバッテリーは、ホワイトとブラックの2色が販売されています。

手に取ってみると、しっくりと馴染む大きさで持ち運びもしやすそう。

ダイソー モバイルバッテリー

大きさ的には、一般的なカードケースほどだと思います。

また、薄くても側面にはしっかりとUSBポートとMicro USBポートが付いていて、対応の端子を差し込めるようになっていました。

もちろん、付属のケーブルもカチッと差し込めてズレなかったです。

ダイソー モバイルバッテリー
ダイソー モバイルバッテリー

ここで筆者が気になったのは、ケーブルの長さ。定規で測ってみると、全長は約12cmほどでした。

モバイルバッテリーを充電する際に使用するケーブルとしては、短いような気がします。コンセントがある場所にもよりますが、筆者は別で長いケーブルを準備して使用しようと思いました。

モバイルバッテリーは、使用すると4段階のLEDランプが光ります。初期出荷のまま使用すると、光ったのはライト3つ分。

説明書によると、ランプの点灯の多さでモバイルバッテリーが、次のような電池残量であることが分かるそうです。

・ランプ1個…0~25%

・ランプ2個…25~50%

・ランプ3個…50~75%

・ランプ4個…100%

残量がなくなると充電をしなければ使用ができません。フル充電にかかる時間は、およそ5時間…。

持ち運びしやすくても、使いやすさの面では不便さを感じる部分もあるようです。

実際に、モバイルバッテリーからマウスやスピーカーに給電してみました。

ダイソー モバイルバッテリー
ダイソー モバイルバッテリー

スピーカーは、1時間ほどケーブルで繋いでみましたが、モバイルバッテリー自体の蓄電が思いのほか減るスピードが早かったです。

何かをフル充電するために使うのは、あまりおすすめできません。外出先で急を要する時などに真価を発揮すると思います。

また、使用中はモバイルバッテリーが発熱することはほとんどありませんでした。安全面では、安心して使用できるのではないでしょうか。

手軽に購入できる分、活躍する場面が限られるダイソーの500円のモバイルバッテリー。使う状況にマッチすると感じたら、手にとってみてください。

さらに詳しくダイソーのモバイルバッテリーについて知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top