grape [グレイプ] trend

子供が食べたパンの跡に「子育ての尊さを感じる」「一生忘れたくない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子供の成長はあっという間。

幼い子供の世話は大変ですが、その時期特有のかわいらしさは特別なものといえます。

3歳と0歳の子供がいる、ちひろ(@chitti_design)さんは、パンを食べさせた時、我が子の幼さを実感しました。

いつまでも残しておきたくなる、子供の幼さがこちらです。

写っているのは、2人の子供が食べた、食べ物。

食べ物には、3歳の子供と、0歳の子供が食べた時の歯形が残っています。

0歳の子供がかんだ跡は、ほんのわずか。対して、3歳の子供が残した歯形は、0歳の子供のものと比べ広範囲といえますね。

3歳の差でも、一度にかむことができる量に、ハッキリと違いが出ているのが分かります。

ちひろさんは、この光景を見て、「一生忘れたくない瞬間」とコメント。

歯形で、ちひろさんは、我が子の身体の小ささを実感したようです。

2人の子供の歯形に対し、「貴重な光景」「いつまでも残しておきたくなる」といったコメントが集まりました。

・子育てが尊いと感じる瞬間ですね。我が子も、いつの間にか食パン1枚をぺろっと食べるようになりました。

・毎日の子供の様子を写真に残そうとすると、多すぎて後で見返せなくなりそうです!

・子供の歯形って、こんなに小さいんだと感じますね。かわいすぎて、たまりません!

子供が成長していくと、一度に食べる量は増えていきます。

写真のように、ほんのわずかしか一度に口に運べないということは、子供が小さな時でしか目にできないでしょう。

どんな姿や光景でも、親は子供の成長を感じるようです!


[文・構成/grape編集部]

出典
@chitti_design

Share Tweet LINE コメント

page
top