grape [グレイプ]

ランキング772位のシンデレラストーリー 無名のレッスンプロが大舞台で快挙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

錦織選手も出場しているウィンブルドンで躍進したマーカス・ウィリス選手。予備予選から勝ち上がり、一回戦では世界ランキング54位のリカルダス・ベランキス選手を下すというシンデレラストーリーが注目を集めています。

プロとしての実績はほとんどないに等しい同772位の選手が、ウィンブルドンを7度制したロジャー・フェデラー選手(同3位)と二回戦で対戦することになり、話題になっていましたが、残念ながらセットカウント0-3のストレートで敗れてしまいました。

獲得賞金は約4万円という底辺のプロ選手

ウィリス選手の本業はロンドンのテニスクラブで、少年らにテニスを手ほどきするレッスンプロ。元々はプロ選手だったのですが、度重なるケガもあり、今夏には引退してアメリカでのコーチ業を始める予定だったと言います。

しかし、その渡米にストップをかけたのが新しくできたばかりの恋人。彼女の説得もあり、今回の躍進につながるウィンブルドンの予備予選に挑戦する決意をします。

予備予選を6試合勝ち、見事本戦出場を決めただけでもかなりの快挙です。それでもウィリス選手の快進撃は止まりませんでした。

ウィリス選手から見ると、かなり格上の世界ランキング2ケタ台の選手にまさかのストレート勝ち。同114位で日本国籍を持つダニエル太郎選手でも、ウィンブルドンの一回戦を勝ったことがないと言えば、その躍進ぶりが分かるかもしれません。

ちなみに、ウィリス選手の2016年に獲得した賞金総額は約4万円。一方、一回戦を突破したことで得られる賞金はなんと約680万円。2016年、ここまで稼いできた金額の約170倍にもなります。

二回戦の相手はウィンブルドンの王者

二回戦の相手はウィンブルドンを最も得意とするロジャー・フェデラー選手。史上初の5連覇を含む、7度も王者に輝く、まさにキング・オブ・キングです。

試合前にはウィリス選手のシンデレラストーリーについて聞かれ、こんなコメントをしていました。

「ウィリスのような物語が僕たちの競技にも必要なんだ。無名選手の活躍は男子テニスの層の厚さを示している。自分も素晴らしいプレーをして、観客を楽しませたい」

試合は、ウィリス選手が「雲の上の存在」と語るフェデラー選手が圧倒的な実力差を見せて、3-0のストレート勝ちを収めます。ここでウィリス選手の挑戦は終わってしまいました。

しかし、試合後、フェデラー選手は記者会見でこんなコメントを残しています。

「数日前に言ったが、この物語はとても貴重なもの。ウィリスの今後のテニス人生は大きく変わるだろう。彼がそれを自らの力で実現させたんだ」

「試合中から思っていたよ。『忘れられない試合の1つになるだろう』とね」

残念ながらウィリス選手の冒険は二回戦で終了してしまいましたが、それでも無名選手がウィンブルドンの一回戦で格上選手にストレート勝ちしたという快挙は色褪せません。

これからどのような活躍を見せてくれるかは分かりませんが、ウィリス選手の今後の活躍に注目したいですね!

出典
@Yokanco@taichiiwa

Share Tweet LINE コメント

page
top