grape [グレイプ]

巨大な鉄骨の腕で支える!熊本城の一本石垣を守る『倒壊防止工事』がすごい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:熊本城

平成28年熊本地震によって被害を受けた熊本城。

大きな飯田丸五階櫓を支える『奇跡の一本石垣』は、熊本の強さを象徴する復興のシンボルとなっています。

しかし、この一本で35トンにも及ぶ櫓の重量のほとんどを支えていることと、夏に多く発生する台風の影響による倒壊が、以前から心配されていました。

そこで、7月25日に一本石垣を守るための巨大な『鉄の腕』が出動!

『仮受構台(かりうけこうだい)』と呼ばれるこの腕が櫓をすっぽりと包み、下に3本の支柱を入れて一本石垣を補助。櫓が倒壊しないよう支えます。

支柱が石垣に触れないよう、慎重にさしこまれます。

この応急工事により、櫓が修復工事可能なのか判断できるようになるとのこと。

3か月以上も一本石垣により、倒壊の恐怖に耐えた飯田丸五階櫓。熊本城修復に向けての第一歩に、熊本城のFacebookには「一日も早い復興を」「言葉にならない…。頑張って!」など応援する声が多数集まっていました。

一日も早い被災地の復興と、熊本城の完全復活を願ってやみません。

出典
熊本城鉄の腕で櫓すっぽり 熊本城飯田丸緊急工事  その3

Share Tweet LINE コメント

page
top