grape [グレイプ]

100匹の犬に手渡されるカラフルなクッキー その理由に、温かい涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

誕生日…それはすべての生き物に平等に存在する『特別な1日』。

ですが、世の中には『自分の誕生日を知らない生き物』が多くいます。

保護施設で暮らしている犬のほとんどは『誕生日』が分からなくなっているのだそう。

そんな犬たちのために、アメリカの動物保護施設BARCSが行った活動が「素晴らしい」と国内外から称賛を得ました。

BARCSが行ったこととは、どのようなものだったのでしょう。

100匹すべてに誕生日を!

BARCSは誕生日を知らない犬たちに対し、誕生日をプレゼントすることにしたのです。

現在施設で暮らす100匹の犬たちに犬用クッキーを購入し、『8月1日』を公式の誕生日と定めました。

BARCSが行った心温まる取り組みの様子をご覧ください。

すべての可愛い子たちよ、誕生日おめでとう!

BARCS Animal Shelter ーより引用(和訳)

職員たちは頭に三角帽子をかぶり、1匹1匹にカラフルなクッキーを手渡していきます。

初めて見るクッキーに、犬たちは興味津々です。すぐ口にする犬もいれば、大切そうに寝床まで持って行く犬も…反応はさまざまですが、ほとんどの子が喜んでいるように見えます。

Facebookに公開された映像に、祝福のコメントが多く寄せられました。

  • 100匹のワンちゃんたち、誕生日おめでとう!
  • とても心温まるアイディアだ。実行する職員も、素晴らしい!
  • 犬たちの未来が素晴らしいものになるといいなぁ。

施設で暮らす犬たちにとって『8月1日』は特別な日になったことでしょう。

1日も早く、すべての犬たちが新しい家族と出会えるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
BARCS Animal Shelter

Share Tweet LINE コメント

page
top