grape [グレイプ] trend

「母は心配性だと思ってた」 隠された思いに気付いた息子は涙した

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

一児の父親でもある、てゆんたパパ(@teyunta1123)さん。夫婦で子育てに奮闘する中で、自身の母親を「心配性だ」と感じる場面があったといいます。

・子育ての方針を全面的に称賛する。

・距離感に、とても気を遣う。

・言葉を選びながら会話をする。

さらに、夫婦の自宅に訪問する前は、本当に行ってもいいのか確認の連絡を入れてくるほど。

※写真はイメージ

「別にそこまでしなくてもいいのに」と思い始めていたころ、てゆんたパパさんは、母親の行動が『心配』からくるものでははく『気遣い』だったことに気付きます。

そしてそれは、母親が昔、周囲にされたかった気遣いだったということにも…。

母親のつらい過去

昔、てゆんたパパさんの母親は、出産後に身体を壊してしまったことがありました。

夫の転勤が多かったため、1人で家事や育児をこなさなければならず、さらに、厳しく細かなことにでも口を出してくる実の母の存在や、逆に無関心な義理の母の存在が負担になっていたのでしょう。

精神的にも体力的にも追い詰められていた当時の母親の気持ちを考えると、胸が締め付けられます…。

※写真はイメージ

つらい過去があるからこそ「そのどちらにもならないよう、必死で距離を測ってくれている」と、母親の行動を思い返すてゆんたパパさん。

母親の姿に心から救われた

そんな母親に、心から救われた出来事があったといいます。それは、てゆんたパパさんと妻の間に第一子が生まれたばかりのころ。

泣き止まない子どもを前に、ただ呆然とするしかなかった2人の前で、母親は「泣き声も可愛いね」と、ひたすら笑顔でいてくれたのだそうです。

「きっと母は昔、こうしてほしかったんだろうな…」

そう感じた、てゆんたパパさんはこんな決意をします。

「30年後、真似しよう。心配性のジジイになろう。」

昔の自分のつらい経験を、よりよい形で現在につなげる…そう簡単にできることではありません。

優しさにあふれた母親はもちろん、その思いに気付き、さらに未来へつなげようとする、てゆんたパパさんも素晴らしいですね。

一連のツイートは反響を呼び、母親の優しさに胸を打たれた人から多くのコメントが寄せられていました。

・昔自分がしてほしかったことを、ちゃんと伝わるように実践していらっしゃって素敵です。なかなか、できることではありません。

・感動で涙が出ました。こんな母親や、おばあさんになりたいです。

・自分がされて嫌だったことはしない。こんな簡単で優しいことが出来ない人の多いこと…自分も気を付けよう。

初めての育児や、終わらない家事など、結婚後の苦労は人それぞれ。さらに、お互いの親との関係性も加わることで、場合によっては気苦労が大きくなってしまうこともあります。

しかし、てゆんたパパさんの母親のような人が増えていけば、状況は変わっていくはず…そんな希望が持てただけでなく、人を気遣うことの素晴らしさを、改めて教えてもらえた気がします。


[文・構成/grape編集部]

出典
@teyunta1123

Share Tweet LINE コメント

page
top